不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

分譲マンションの売却をお考えの方へ!必要な費用を紹介します

不動産売却コラム

分譲マンションを売却したいけど、費用はどれくらいかかるのと思っている方はいらっしゃいませんか。
売却する際には、お金が得られるだけではなく、必要な費用が存在します。
今回は、分譲マンションを売却する際に必要な費用をご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

分譲マンションの売却で必要な費用とは

ここでは分譲マンションの売却で必要な費用をご紹介します。

1つ目は仲介手数料です。
分譲マンションを売却する際に、ほとんどの方が不動産会社に依頼するでしょう。
売却の仲介を依頼して、マンション売買の契約成立次第その報酬として発生するのが仲介手数料です。
これが、マンション売却でかかる費用の中で最も額が大きいと言えるでしょう。

物件の価格や依頼する不動産会社によって仲介手数料は異なります。
しかし、上限が決まっていて、例えば物件の金額が400万円以上の場合は、仲介手数料は物件の価格に3.24パーセントかけて64800円を足した額が上限になります。

2つ目は登録免許税です。
これは、売却したいマンションのローンが残っている場合に必要な費用です。
まだローンが残っている場合は、売却前に返済を終え、抵当権を消す必要があります。
抵当権を消すためにする手続きに必要な費用だと覚えておくと良いでしょう。

3つ目は登記費用です。
これは、登記簿謄本の住所と住民票の住所が異なる場合にする手続きに、必要な費用と言えるでしょう。
この登記費用は約1万円です。

4つ目は印紙税です。
これはマンション売却の際の書類に貼る印紙の料金です。
印紙税も売却するマンションの価格によって異なるので、確認してみましょう。

分譲マンションの売却で発生する税金とは

マンション売却で税金はかかるのと思っている方もいらっしゃるでしょう。
ここではマンションの売却に関係する譲渡所得税についてご紹介します。
譲渡所得税は、マンション売却額がマンション購入や維持にかかった費用よりも大きくなる場合に必要な税金です。

つまり、譲渡所得税が必要ない場合もあります。
譲渡所得税はマンション売却によって利益が出たら必要であると覚えておくと良いでしょう。
このように、場合によって必要になる場合とそうでない場合があるので、売却価格とマンションを買ったときの価格を確認しておきましょう。

まとめ

今回は、分譲マンションの売却で必要な費用をご紹介しました。
今回の記事が、分譲マンションの売却を考えている方の参考になれば幸いです。

はじめて土地の売却をされる方へ!進め方を紹介します

不動産売却コラム

土地の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地の売却は一生に何度も行うものではないので、初めての方は不安に感じるでしょう。
そこで今回は土地売却の流れを解説します。
不安に感じている方の参考になれば幸いです。

土地を売却する際の流れとは?

ここでは土地売却の流れをステップごとにご紹介します。

ステップ1は不動産会社の査定を受けることです。
土地の売却の多くは仲介売却です。
仲介してくれる不動産会社に土地を査定してもらいましょう。

ステップ2では媒介契約を結びます。
土地の売却を依頼する不動産会社が決まったら、実際に契約を結びましょう。
媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があるので、どの契約を結ぶかも大事なポイントです。

ステップ3は売り出しです。
実際に売りたい土地を売り出します。
多くは媒介契約を結んだ仲介会社が売り出し活動を行ってくれるでしょう。
売り出し価格は仲介会社と一緒に慎重に決めることをおすすめします。

ステップ4は売買契約です。
実際に売り出しを通して売り手が現れたら、売買契約を結びます。
契約を結ぶ際には、些細なことでも確認し合うようにしましょう。
後々のトラブルを避けるためにも、契約書類に記載してあることにはきちんと目を通すことをおすすめします。

ステップ5は引き渡しです。
土地の代金を受け取ったら、土地を引き渡します。

土地売却のポイントとは

ここでは土地売却を成功させるためのポイントをご紹介します。

1つ目は土地の相場を調べることです。
査定をしてもらった結果を鵜呑みにするだけではなく、自分でも土地の相場を調べておきましょう。
そうすれば納得して土地売却を進められます。

2つ目は土地を綺麗にしておくことです。
売買契約を結ぶ前に買い手は土地に足を運ぶでしょう。
その際、土地が荒れていると良い印象を持たれません。
また、価格の値下げの原因にもなり得ます。

3つ目は信頼できる担当者を見つけることです。
多くの方は仲介の不動産会社に依頼するでしょう。
その中でも信頼できる担当者の方を見つけることをおすすめします。

4つ目は契約書は丁寧に確認することです。
これは先ほども紹介しましたが、トラブルを防ぐためには最も重要なポイントでしょう。
分からないことは不動産会社に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は土地の売却の流れとポイントをご紹介しました。
土地売却ではスケジュール管理がとても重要です。
スムーズに契約が結べるようにあらかじめ、流れを知っておくと良いでしょう。
今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

土地を売却する際は境界線に注意!その理由について解説します!

不動産売却コラム

土地を売却する際に、見落としがちなのが境界線です。
境界線がはっきりとしていない場合、隣接地の方とトラブルになる恐れがあります。
そのため、土地を売却する際は境界線をはっきりさせておきたいところです。
そこで今回は、売却時に注意したい土地の境界線について詳しくご紹介します。

土地の売却時は境界線に注意

土地の境界線が原因となって起こるトラブルは少なくありません。
これはどうしてなのでしょうか。

その理由として、古くから受け継がれたような土地は、しっかりと測量していないことがあるからです。
現在ではしっかりと測量し、隣接地との境界線を確定させた上で土地の取引が行われることが多いです。

一方、数十年前の土地であると、隣接地の所有者と境界線を確定させず、独自の測量で登記をしていることがあります。
そのため、境界線の認識が異なる場合があるということです。

そしてこれは、隣接地との間に塀があった場合も例外ではありません。
古くから存在する土地では、自分の敷地内にあると思っていた塀が、相手の土地であったというケースも存在します。
それゆえに、隣接地との間に塀があったとしても土地の境界線には注意が必要と言えますね。

測量の流れ

土地の境界線のトラブルを回避するためには、確定測量を実施する必要があります。
そのため、ここではその測量の流れについてご紹介します。

まず、測量の流れとしては資料集めから始まります。
確定測量には、登記簿謄本や、地積測量図、公図など土地に関する資料が必要となります。
これらは法務局や市町村役場で取得できますので、事前に集めておきましょう。

次に、隣接地の所有者との話し合いを行います。
所有者が不明である場合は行政の担当者に連絡しましょう。
ここでは、測量を行うことを報告し、可能であれば立ち会いの了承を得ます。

その後、現地での事前調査を行い、現況の調査と確認を行います。
この時に現況測量図というものが作成されます。

そして、隣接地の所有者または行政の担当者が立ち会っている状態で、境界線を確定させます。
この後、境界杭を設置します。

最後に境界確認書を作成し、隣接地の所有者と互いに署名・捺印を行います。
この書類を作成することで、正式な土地の境界線が確定します。

以上が測量のおおまかな流れになります。

まとめ

今回は、売却時に注意したい土地の境界線についてご紹介しました。
境界線がはっきりとしていない土地は、買い手もリスクと捉えるため、売れにくい傾向にあります。
そのため、少しでも境界線に不安がある場合は測量することをおすすめします。
本記事が土地の売却をする際の参考になれば幸いです。

ヴェルディ西条東

ニュース, マンション, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの宇和川です。

先日、西条東に新しくできるヴェルディ西条東のパンフレットをいただきました!
1フロア4戸の全58戸だそうです。

東広島は最近、マンションの建設が多く、
間取りを見るのがワクワクします(^^♪

不動産プラザではいただいたパンフレットを保管しているので、
査定時に参考にしたり、間取りを作成したりしています。

過去の販売事例や現在の相場変動も考慮して、
3か月以内の売却を目標に価格をご提案致します!

マンションの売却もぜひ不動産プラザにご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

さて、
1/9(土)からは売却フェアが始まりました!
春は入学や転勤などがあり、
不動産の購入意欲が高まる時期でもあります!

不動産プラザでは売却査定を無料で行っております。
すぐに売却に至らなくても大丈夫!
この機会にお持ちの不動産の価格を調べてみませんか?

まずはご相談ください!

http://y.f-plaza.co.jp/
082-430-5581
営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

中古住宅を売却する際に必要な諸費用について詳しく解説します!

不動産売却コラム

住宅の購入の際には必ず費用がかかりますよね。
売却の際も同様にさまざまな費用が必要になります。
ただ、売却の際にかかる費用についてはあまり詳しく知られていません。
そこで今回は、中古住宅を売却する際に必要な諸費用について解説します。

売却の際に必要になる費用とは?

売却の際にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

まず代表的なものとして仲介手数料が挙げられます。
中古住宅の買い手を探すのは個人ではなかなか難しいため、一般的には不動産会社に仲介を依頼して買い手を探します。
その際に必要となるのが仲介手数料です。

仲介手数料とは買い手が見つかった際に不動産会社に支払う報酬のことです。
こちらは成功報酬となっているため、買い手が見つからなかった場合は支払う必要はありません。

次に挙げられるのは印紙税です。
こちらは、不動産売買契約書を作成する際に必ず必要になるものです。
印紙代は不動産の売買価格によって異なるため、事前に調べておくことをおすすめします。

以上が売却の際に必要になる主な費用です。

その他に必要になることがある費用をご紹介!

中古住宅を売却する際は、先ほどご紹介した以外にも費用がかかります。
ここではその他の費用についてご紹介します。

まず挙げられるのはハウスクリーニング費用です。
中古住宅の魅力をアップさせるためには、部屋を綺麗にしておく必要がありますよね。
その際におすすめなのが、ハウスクリーニングです。

ハウスクリーニングは費用がかかりますが、自分で掃除するよりも隅々まで掃除してもらえます。
内覧に備えてなるべく綺麗にしておきたいという方は、ハウスクリーニングの費用を調べておきましょう。

次に挙げられるのは土地の測量費用です。
土地の測量は必須ではありませんが、土地の境界線は明確にしておいた方が良いしょう。
理由としては、売却後に買主と隣地の所有者との間でトラブルに発展してしまう恐れがあるからです。

また、土地の境界線が明確でない場合は、買い手もリスクと捉えて、なかなか売れにくくなってしまう恐れがあります。
そのため、境界線が明確に分からない場合は測量をおすすめします。

この他にも売買契約書の作成費用や、売却に関わる書類を作成するための費用などが必要になります。
意外にもさまざまなところで費用がかかるため、ゆとりを持った資金計画を立てておく必要がありますね。

まとめ

今回は、中古住宅を売却する際に必要な諸費用について解説しました。
今回ご紹介した以外にも費用が必要になる場合もあります。
そのため、事前にしっかりと必要な費用を把握しておく必要がありますね。
本記事が中古住宅の売却をお考えの方の参考になれば幸いです。

土地の売却に必要な期間とは?売却のスケジュールをご紹介します!

不動産売却コラム

「不動産売却にはどの程度の期間がかかるのだろうか。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
土地を売却する際は、事前にある程度のスケジュールを把握しておきたいところですよね。
そこで今回は、土地売却のスケジュールについてご紹介します。

土地売却の流れとは?

土地売却の流れとして初めにすることは不動産の調査です。
特に相続した土地である場合は、登記が変更されているか、土地の境界線が正しいのかといったことを確認する必要があります。
また、複数の所有者がいる場合は全員の合意がなければ売却できません。
そのため、事前の調査はしっかりとしておきたいですね。

不動産の調査が完了し、売却可能であることが把握できれば、次に不動産会社に査定を依頼しましょう。
当サイトでは、Web上で不動産のおおよその売却価格を調べられます。
また、査定を出す場合も一社だけに依頼を出します。
一括査定サイトのように複数の業者に一斉に査定依頼を出すわけではないため、複数の業者から営業電話が鳴り続けるということもありません。

不動産会社の査定額に納得ができれば、不動産会社と契約を結び、売却活動に入ります。
その後買主が現れたら売買契約の交渉に入ります。
無事契約が結ばれれば代金を受け取り、土地を受け渡せば土地の売却は完了です。

以上が土地売却のおおまかな流れです。
これらの過程は、早くても3カ月程度と言われており、遅い場合では半年以上かかることもあると言われています。
売却にかかる期間は土地によって異なるため、スケジュールにはゆとりを持っておく必要がありますね。

土地売却の期間をなるべく短くする方法とは?

土地売却の期間をなるべく短くするにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、清掃や整備をしっかりとしておくことが挙げられます。
住宅を売却する際は、清掃や整理整頓がしっかりされている方が早く売れる傾向にあります。
ただ、このことは土地であっても同様です。

雑草が生い茂っていたり、関係のないものが放置されていたりする土地は、見栄えが悪く、売れにくくなってしまいます。
そのため、土地だけを売却する際も綺麗に整備しておくと良いでしょう。

次に挙げられる方法は、販売価格を下げることです。
相場よりも高い値段に設定している場合は、どうしても売れにくくなってしまいます。
長く売れ残っている場合は、価格の再設定を検討してみても良いでしょう。
ただ、販売価格を下げてしまうと手に入る資金も減少してしまうので、慎重に検討するようにしてくださいね。

以上の方法を試すことで、早期売却が実現できる可能性があります。
これらの方法は、土地売却の期間をなるべく短くしたい方にはおすすめですね。

まとめ

今回は土地売却のスケジュールについてご紹介しました。
売却に必要な期間は土地によって異なるため、スケジュールには余裕を持っておく必要があります。
そのため、何らかの期限がある場合は早めに売却活動を開始しておくと良いでしょう。
本記事が土地の売却をお考えの方の参考になれば幸いです。

分譲マンションを売却する方法とは?その流れについてもご紹介します!

不動産売却コラム

「分譲マンションの売却方法にはどのようなものがあるのだろうか。」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は分譲マンションの売却の方法とその流れについてご紹介します。

分譲マンション売却の方法とその流れ

分譲マンションを売却する際は主に2つの方法が挙げられます。

1つ目は個人で売却する方法です。
こちらは知り合いに売却する方や、売却経験のある方が主にとる方法です。

2つ目の方法としては不動産会社に仲介を依頼する方法です。
分譲マンションを売却する際はこちらの方法が一般的です。
不動産会社に売却の仲介を依頼すると、買い手探しや契約の手続きが不要であるためおすすめです。

不動産会社に売却の仲介を依頼する場合は、不動産会社選びから始めます。
次に物件の査定を不動産会社に依頼します。
信用できる不動産会社が見つかり、査定額にも不満がなければ媒介契約を締結します。
媒介契約の手続きが完了すれば、不動産会社が買い手を探してくれます。

買い手が現れれば売買契約を締結し、代金の支払いの確認と物件の引き渡しができれば売却完了です。

以上が分譲マンションの売却方法とその流れになります。

分譲マンションを売却する際の注意点

先ほどは売却の方法と流れについてご紹介しました。
ただ、分譲マンションを売却する際はいくつか注意点が存在します。

まず、注意点として、物件の中を整理しておくことが挙げられます。
特に、居住中の住まいを売り出す場合は、その物件内に買い手を案内することになります。
引き渡し時に美しいお部屋になっていても、下見の際に整理されていなければ、買い手は購入後の生活のイメージしにくくなります。
このように、買い手の印象に大きく影響する部分になりますので、綺麗に整理しておくことをおすすめします。

次に、期間に余裕を持っておくことが挙げられます。
一般的に物件の売却には半年以上かかるため、売却期間に7カ月は確保したいところです。
もし期間に余裕がなかった場合は、売却価格を大幅に下げなければならない可能性があります。
結果的に損してしまうことになるため、期日がある場合は早めに売却活動を開始できるようにしておきましょう。

まとめ

今回は分譲マンション売却の方法とその流れについてご紹介しました。
分譲マンションの売却は不動産会社に依頼するのが一般的です。
当サイトでは、物件の大まかな価格と不動産会社を調べることが可能です。
信用できる会社選びをされる際はぜひ当サイトを活用してみてくださいね。

中古住宅を売る理由について詳しくご紹介します!

不動産売却コラム

中古住宅を売ろうか迷っておられる方は、他の方の売却理由が知りたいところですよね。
また、売る理由は買い手も興味のある話ですので、説明するために準備しておく必要があります。
そこで今回は、中古住宅を売る理由についてご紹介します。

住宅を売る主な理由とは?

一般的に多い理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、より良い住まいに住み替えるため、という理由です。
現在住んでいる住宅よりも、もっと住み心地の良い住宅に引っ越すために売却を検討される方は多くいらっしゃいます。
建物が新しい場合は高値で売れることもあるため、ローンの返済の一部に売却代金を充てられるでしょう。

次に挙げられるのは資金が必要になったため、という理由です。
土地や住宅といった不動産を売れば、資産を現金化できます。
そのため、現金が必要な場合は、不動産を売却することも選択肢として考えられますね。

その他には転勤や転校などで引っ越しする必要があるという理由が挙げられます。
引っ越しする必要がある場合は、既に所有している住宅は不要になってしまいます。
次の暮らしに備えるために、所有している住宅を売る方も少なくありません。

以上が住宅を売る主な理由となります。

売却理由を聞かれた際の注意点とは?

先ほどご紹介したような理由であれば、買い手にそのまま説明できますよね。
ただ、離婚や近隣住民の方とのトラブルなどのように、人には話しづらいような理由で売却される方も少なくありません。
そのような場合は一体どのように対処すれば良いのでしょうか。

住宅を売る理由を告知するかどうかという基準は「新しく住む方の安定した生活を阻害する情報かどうか」になります。
そのため、住宅の価値に関わらない情報は買い手に告知する必要はありません。
具体的には、離婚や近隣住民の方とのトラブルの原因が住宅でない場合は、説明する必要がないと言えますね。

一方で、シロアリや雨漏りといった住宅の欠陥が売る理由である場合は、必ず買い手に説明する必要があります。
これらの説明を怠った場合は、売り手の責任が問われることがあるため注意しましょう。

また、物件内で事件があった場合は告知する必要があります。
過去の出来事で自分が知らなかった場合は問題ありませんが、知っている場合は事故情報もきちんと告知しておきましょう。

まとめ

今回は中古住宅を売る理由についてご紹介しました。
売却理由は買い手に尋ねられることが多いため、説明できるようにしておきましょう。
当サイトでは、Web上でおおまかな売却価格を調べることが可能です。
そのため、中古住宅の売却をお考えの際は、ぜひ当サイトを活用してみてくださいね。

土地を手放す方法とは?おすすめの方法をご紹介します!

不動産売却コラム

不要になった土地を手放す場合には、いくつか方法があります。
ただ、どのような方法があるのか、どれがおすすめなのかということはあまり知られていません。
土地をなるべく早く手放すためにはどの方法が良いのか検討しておく必要がありますよね。
そこで今回は、土地を手放す際のおすすめの方法についてご紹介します。

土地を手放す際の方法

土地を手放す際の方法はいくつか存在します。

まず挙げられるのは譲渡する方法です。
土地の譲渡自体は口頭でも成立しますが、口頭の約束はトラブルに発展することが多いため、なるべく書面で内容を明確にしておきましょう。
土地を譲渡する場合は贈与税がかかりますが、これは土地を譲り受けた側が負担します。
譲った側は贈与税に関して手続きすることは特にありません。

次に挙げられる方法は寄付です。
一定の条件を満たしていた場合は、地方公共団体や公益法人に土地を寄付することが可能です。
条件は自治体や団体によって異なりますので、寄付をお考えの場合は事前に調べておきましょう。

そして最後に売却という方法が挙げられます。
現在、土地の売却は当サイトのようにインターネットを活用して手続きを進められます。
そのため、今まで売れないと思っていたような土地でも売れることがあります。
土地が売れれば、当然資金が得られるためおすすめです。
自分で価値がないと考えている土地であっても、まずは売却を検討してみてはいかがでしょうか。

土地売却の注意点

おすすめの方法として売却をご紹介しましたが、いくつか注意点があります。

まず、ローンが完済できていない場合は売却できないということです。
ローン返済が残っている場合は抵当権というものが付いています。
この抵当権は、ローンを完済するまで外すことはできず、抵当権が外れていない場合は売却できません。

ただ、引き渡しまでに完済できれば良いため、土地の売却代金でローンが完済できる見込みがある場合は心配する必要はありません。
そのため完済できるのかどうか、事前に調べておく必要がありますね。

また、不動産会社を介さず、個人間で取引する場合も注意が必要です。
契約書の作成や重要事項説明書などの書類の作成は、専門知識がなければ不備が生まれることがあります。
これらに不備があった場合は、後に大きなトラブルへと発展する恐れがあるため、注意が必要です。
そのため、個人間の取引の経験がない場合は、基本的に不動産会社に仲介を依頼することをおすすめします。

まとめ

今回は土地を手放す際のおすすめの方法についてご紹介しました。
土地を手放す際は売却を検討することから始めてみましょう。
当サイトではWeb上で売却価格を調べることが可能です。
売却をお考えの方は、当サイトをぜひ活用してみてくださいね。

土地売却のメリットとデメリットについて解説します!

不動産売却コラム

土地の売却は金額の大きい取引です。
そのため、売却前に知っておきたいことがいくつか存在します。
特に土地売却のメリットやデメリットは事前に把握しておきたいところです。
そこで今回は、土地売却のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

土地売却のメリット

土地売却の最大のメリットとして挙げられるのは、現金化できることです。
土地の使い道に困っている場合は土地として放置しておくより、現金化しておいた方が資産として活用しやすいというメリットがあります。
例えば、新たな不動産の購入資金にしたり、売却で得た資金をローンの返済に充てたりできます。

次に挙げられるメリットは維持費がかからなくなることです。
水道や電気を使用していなくても、契約している場合は基本料金を支払い続ける必要があります。
しかし、土地を売却すれば、これらの料金を払う必要もなくなります。
また、土地は所有しているだけでさまざまな税金が課されますが、売却することでこれらの税金の負担も軽減できます。

このようなメリットが存在するため、土地を活用していない場合は売却を検討してみても良いでしょう。

土地売却のデメリット

資金が手に入り、負担が軽くなるというメリットをもつ土地売却ですが、デメリットも存在します。

1つ目に挙げられるのは、一度手放してしまうと取り戻せないということです。
買い手が見つかって売買契約に合意し、土地の引き渡しを済ませた場合、所有権は買い手に移っています。
つまり、売却後に考えが変わっても、基本的には土地を取り戻せません。
そのため、土地の売却は慎重に考える必要があるといえますね。

2つ目に挙げられるのは売却にも費用がかかることです。
不動産会社に仲介を依頼して土地を売却する場合は、仲介手数料や印紙税などの費用がかかります。
売却代金がそのまま自らの資金にはならないため注意が必要です。
また、想像以上に費用が必要になる場合もあるので、事前にどの程度の費用がかかるのかを把握しておきましょう。

3つ目に挙げられるのは、すぐに売れるとは限らないということです。
土地によってはすぐに買い手が見つかる場合もありますが、そうでない場合もあります。
そのため、期日がある場合は早めに売却活動を開始する必要がありますね。

以上が土地売却のデメリットになります。

まとめ

今回は土地売却のメリットとデメリットについてご紹介しました。
土地を売却すれば資金が手に入りますが、一度手放してしまうと取り戻せません。
そのため、土地の売却は十分に検討してから行う必要がありますね。
本記事が土地の売却を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。