不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

中古住宅を売却しようかお考えの方はいませんか?メリットを解説!

不動産売却コラム

中古住宅を売却しようかお考えの方はいませんか。
売却しようと考えている方にとっては、売却することでどのようなメリットがあるか知りたいですよね。
そこで今回は、中古住宅を売却することでどのようなメリットがあるのか解説していきます。

中古住宅売却のメリット

ここからは、メリットについて見ていきましょう。
まず、なにより現金化ができる点が中古住宅を売却するメリットだと言えるでしょう。
売却を考えている場所を使用していなければ、資産を現金化できるのです。
売却で得た資金を使って住宅ローンを完済すれば、銀行保証料や、後の利子負担もしなくてよくなります。
また、新居をお考えの方は、現金化することで、そちらに資金として当てられます。

続いて、維持費が必要でなくなる点もメリットだと言えるでしょう。
自身が住んでいない住宅を持っている場合、定期的に掃除やメンテナンスなど維持費が必要となります。
使用もしていないのに維持費だけ支払うというのは、もったいないですよね。
維持するのは、お金も手間もかかりますので、不動産を管理するのが面倒だとお考えの方は売却することをおすすめします。

また、その他のメリットとしては税金の軽減ができることも挙げられます。
先ほど説明した維持費と似たところがあるのですが、不動産は所有していることで、それが使っていなかったとしても、固定資産税や都市計画税などの税金を支払う必要があります。
そのため、その不動産を売却することで、税金を支払う必要はなくなります。
また、残りの年数分の火災保険料や地震保険料が戻ってくることもメリットでしょう。

中古住宅売却のデメリット

ここからは、デメリットについて見ていきましょう。
まずあげられるデメリットとしては、収益を得る機会を失ってしまうことです。
不動産を保有し、アパート経営などを行う場合、家賃収入によって定期的に収益を得られます。
しかし、不動産を売却するとそれらの収益を得られる可能性はなくなってしまうのです。

また、売却するのにも一定の諸費用が必要となる点もデメリットとして挙げられます。
売却する際は印紙税、仲介手数料など費用が必要となる場面がいくつかあるのです。
これら費用は、合わさると想像していたより高額であるということも少なくありません。
事前にどれほど必要であるのか把握しておきましょう。

まとめ

今回は、中古住宅を売却することでどのようなメリットがあるのか解説しました。
売却するメリット・デメリットをそれぞれご理解いただけましたでしょうか。
売却をお考え方は、ぜひ当サイトにご連絡ください。

分譲マンションを売りたい方へ!売却期間を紹介します

不動産売却コラム

分譲マンションの売却をお考えの方はいませんか。
売却をしたいと考えている方の中には、売却するまでにどれぐらいの期間がかかるのだろうか、いつまでに売却する必要があるのだろうかと疑問に感じている方も多いことでしょう。
そこで今回は、分譲マンションを売却したい方に向けて、期間について解説していきます。

分譲マンション売却期間

まず、売却する際は、期間をどうするか決めましょう。
マンションの販売は、販売期間が長ければ長いほど販売価格が安くなってしまう傾向にあります。
なぜなら、販売期間が長ければ長いほど売却するのが難しくなってしまうからです。
買い手は常に売却中のマンションを把握しており、長い期間ある物件を見つけると、何か問題があって売れ残っているのではないだろうかと敬遠されてしまうのです。

そのため、売り始めは少し値段を強気に高めに設定し、早く売却することがベストであると言えるでしょう。
早めに売却できなかった場合も、値段を落として周辺相場と同じぐらいに設定し、最終的に売りたい期限の近くになったら売れるであろう少し安めの値段に設定するといった感じに計画をする必要があります。
そうすることで状況に応じた対応ができ、売却できる確率を引き上げられるのです。

では、マンションを売却する際に適正期間と呼ばれるものはあるのでしょうか。
この答えとしては、すべての人に当てはまるような適正期間というものは存在しておらず、希望価格などによって違ってくると言えるでしょう。

ただ適正期間かどうかはわかりませんが、マンションの売却期間として、3カ月から6カ月を設定しているところが多いです。
これは、不動産会社と契約する媒介契約が基本的に3カ月更新であるというところが関係しているでしょう。
媒介契約というのは、3カ月を過ぎると契約が切れてしまうので、ここで契約を継続するか、売却をあきらめるか、他の会社に依頼するかなど選択できるのです。

全体の期間を6カ月と設定し、最初の3カ月は強気の値段設定、2カ月は周辺相場の値段、残り1カ月は相場より安く売りだすというのはいかがでしょうか。
このようにして期間を考えることをおすすめします。

まとめ

今回は、分譲マンションを売却したい方に向けて、期間について解説しました。
売却の期間についてご理解いただけましたでしょうか。
当サイトでは不動産売却に関するご相談を随時受け付けております。
不動産売却に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問合せください。

中古住宅の売却をお考えの方はいませんか?基礎知識をご紹介!

不動産売却コラム

中古住宅を売却しようと考えている方はいませんか。
新しい住まいに引っ越すためのお金の足しにしたり、少しでも高く売ったりしたいと思っている方は多いことでしょう。
では、実際どのような場所を査定では見られているのでしょうか。
そこで今回は、中古住宅売却の基礎知識やポイントについて解説します。

高値査定のポイント

実際中古住宅を売るにはどのようなことが影響しているのでしょうか。
まず中古住宅の定義ですが、建築後2年以上が経過している、人が住んだことがあることが定義として挙げられます。
そのため、人が一度も住んだことがない住宅でも、建築後2年以上が経過している場合は中古住宅と認定されるのです。
また、2年以内に建築された住宅でも、1日でも誰かが住んでいた場合は中古住宅となります。

では、中古住宅売却査定に影響する情報を見ていきましょう。
まず、築年数が何年かは中古住宅を売却するときの査定価格に大きな影響を与えます。
築年数は、売り手買い手ともに客観的に判断できるものとして重宝されるためです。
そして、耐震基準を合格しているかどうかも影響します。
また、中古住宅で住宅ローン減税が受けられるのは、築20年までと決められていますので、そこで大きく資産価値としての線引きがされています。

また、間取りも査定に影響を与えるでしょう。
一般的な住宅であれば、それほど差異はないでしょうが、階段の段差が急すぎる、使いにくいサイズの部屋ばかり、備え付けの収納があまりにも足りないなどは売却金額を下げてしまう可能性があります。
階段が急や廊下が狭いと言った場合、シニアの方には特に好まれない傾向にありますので注意しましょう。
また、人を選ぶようなおしゃれなデザインの場合も査定金額が下がってしまうこともあります。
こちらも買い手を制限してしまうので気をつけましょう。

同じような間取りであったとしても、立地によって査定金額は変化するでしょう。
もちろん土地の値段が高いような場所の中古住宅は値段が高くつきますが、一般的には日当たり、風通しが共通してみられるポイントです。
また、自身の住宅だけでなく、周りに影となるような高いマンションなどがないかどうかもみられるポイントです。
日当たりが良い、風通しが良いというのは単に、暖かい、涼しいといっただけではなく、湿気やカビを防げるといった機能面でも重宝されるのです。

まとめ

今回は、中古住宅売却の基礎知識やポイントについて解説しました。
どのような場所が査定に影響するのかご理解いただけたでしょうか。
中古住宅売却をお考えの方はぜひ一度当サイトにご連絡ください。

土地の売却をお考えの方はいませんか?基礎知識をご紹介します

不動産売却コラム

土地の売却をお考えの方はいませんか。
土地を売却しようと決めたはいいものの土地売却について詳しく知らないという方は多いでしょう。
そこで今回は、土地売却の基礎知識やポイントについて解説します。

土地売却のポイント

まず土地売却の場合、周辺相場価格を知っていただきたいです。
周辺相場価格を知らずに土地売却をはじめた際、その土地の販売価格が高すぎた場合、どこも買い手がつかず売ることは難しいでしょう。
また、土地の販売価格が安すぎた場合、すぐ売れることが多いでしょうが、希望するような金額が手元に入らない可能性があります。
そのため、しっかりと周辺相場価格を把握し、それと自身の希望とのバランスを考えて、販売価格を決定する必要があるでしょう。
そうすることで、売れ残る可能性を下げつつ、売れた際の利益も満足いくようにできるのです。
自身で販売価格を設定するのは難しいという方は専門家に査定していただき、話し合いながら決定するのはいかがでしょうか。

続いて、土地の売却期間についてのポイントを見ていきましょう。
土地の売却期間ですが、土地の売却期間は決めないか、余裕を持って売却期間を決めておくことをおすすめします。
通常、買い手は販売価格より安くしてもらえるように値切ってきます。
それを断り、その次も希望販売価格に沿わないため断るといったようなことを続けていくうちに、時間は過ぎてしまい、どうしても売る必要がある時期を迎えてしまいます。
その際に安く売却するようなオファーしか来ていなかった場合、その価格で販売しなければならなくなります。
この金額で売却することになるのなら、前回のあの値段で売却しておけばよかったと後悔してしまうようなこともあるでしょう。
このような後悔を生まないためにも、売却期間には余裕をもつようにしましょう。

メリット

続いて土地売却のメリットについて見ていきましょう。
まずあげられるメリットとしては、現金化できるということでしょう。
現金化することで、引っ越しをする際の資金など、まとまったお金を手に入れることが可能です。
相続した際にも現金化することで、分割しやすくなります。

また、維持費が必要でなくなるのも大きなメリットと言えるでしょう。
土地は使用していなくても所有しているだけで、お金を支払う必要があります。
売却することで、そのようなことは必要なくなるのです。

□まとめ

今回は、土地売却の基礎知識やポイントについて解説しました。
土地売却をするには、販売価格設定や販売期間を慎重に決定することが重要だということをご理解いただけましたでしょうか。
この記事を参考にしていただき、土地売却をご検討ください。

中古住宅売却をお考えの方へ!諸費用について解説します!

不動産売却コラム

皆様は中古住宅を売却するとなっても一定の諸費用を払う必要があることをご存知でしょうか。
その諸費用を把握しないまま、中古住宅を売却するのは良くないですし、知りたいという方も多いことでしょう。
そこで今回は、中古住宅売却の際に必要となる諸費用について解説していきます。

中古住宅売却の際に必要となる諸費用

ここからは、諸費用をいくつか見ていきましょう。
まずあげられる諸費用は、不動産会社に支払われる仲介手数料についてです。
仲介手数料とは、不動産に対し中古住宅の売却を依頼する場合に必要となる費用であり、例えば、売却額が400万円を超える場合は、売却額×3%+6万円となります。
この仲介手数料は、仲介業務を行う際の費用であり、中古住宅の買い手との交渉などを行ってくれます。

続いて印紙税について見ていきましょう。
印紙税とは、売買契約書にかかる税金であり、その売買価格に応じて納める税金は異なります。
そのため、売買価格によってだいたい1,000円から6万円ほどです。
たとえば、3,000万円で売却する中古住宅の場合、1万円の印紙が必要となります。
販売価格を決定した際に、事前にどれほどの印紙税が必要となるか確認しましょう。

続いては、抵当権抹消費用について見ていきましょう。
こちらはその名の通り、ローンを完済した際に、抵当権を抹消するために必要となる費用のことです。
司法書士へ依頼すると、5,000円から2万円ほど必要となります。
自分でやると安く抑えることは可能ですが、自信があるという方以外は、難しく、重要なことですので、しっかりとした司法書士へ依頼する方が、良いでしょう。

続いて、ローンを一括返済するための費用について見ていきましょう。
売却する住宅に住宅ローンを利用していた場合、売却までに完済しておく必要があります。
この際、金融機関に対し、一括繰上返済を申請して支払う必要があり、それには手数料がかかります。
一括繰上返済にかかる金融機関への手数料は1から3万円となります。

最後に、譲渡所得税・住民税・復興特別所得税について見ていきましょう。
これらは、中古住宅を売却した後に利益を得た場合、確定申告で支払う税金のことです。

まとめ

今回は、中古住宅売却の際に必要となる諸費用について解説しました。
必要な費用の種類とおおよその値段についてご理解いただけましたでしょうか。
当サイトでは不動産売却に関するご相談を随時受け付けております。
不動産売却に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問合せください。

中古住宅が売れない方必見!対策について解説します!

不動産売却コラム

中古住宅が売れない、もしくはどのようにすれば早く売却できるだろうかと疑問に思っている方はいませんか。
売却したい方にとっていつまでも売れないというのは絶対に避けたいですよね。
そこで今回は、売れない原因と対策を紹介します。

中古住宅が売れない理由と対策

ここからは、中古住宅を売却したいのに売れない際にはどのような理由があるのかどのような対策をすればよいのかについて見ていきましょう。

まずあげられる売れない理由としては、販売価格が高いからといったことが挙げられます。
皆様が売り出している中古住宅はどうでしょうか。
同じ地域にある物件と比べて高すぎるということはないでしょうか。
売り主からすれば、思い出の詰まった住宅だから少しでも高値で売却したいとお考えになるのは当たり前のことでしょう。
ただ、周辺相場から逸脱したような値段設定を行っている場合、ほとんどの人は他の物件を探してしまいます。
このようなことを防ぐために、周辺相場を調査し、お互いが妥当だと言えるような値段を慎重に設定するようにしましょう。

また、長期間売れていないため、売れないということもあります。
買い手は少しでも良い物件を手に入れるため、長期間にわたり売っている物件をチェックする傾向にあります。
そのため、何カ月もしくは何年も売り出されているような物件に対し、この物件が売れ残っているのには何か原因があるからではないかと考えてしまいます。
皆様の中にも長い期間、売れ残っている物件は購入しないという方もいらっしゃるでしょう。

この対策として値段を下げるといった対策が有効だと言えます。
長期間販売されているというネガティブな印象を持っている方でも値段が安ければ話は別という方は多いですし、常に物件をチェックしている方ならより食いついてくれるでしょう。

他にも、内見した際に掃除が行き届いていなかったなどの理由で売れ残っている場合もあります。
内見だけではなく、外見の第一印象から大切で、雑草などの草木が生い茂っていると、この物件は避けておこうかなという方も多いです。
このような方は、こまめに雑草を抜く、木を整える、室内であればほこりがなくなるように掃除をするなどの対策が必要となります。

まとめ

今回は、売れない原因と対策を紹介しました。
どのようにすれば売れるかご理解いただけましたでしょうか。
当サイトでは不動産売却に関するご相談を随時受け付けております。
不動産売却に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問合せください。

夏休みの風物詩

ニュース, 不動産売却コラム, 中古住宅, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの中本です。

早いもので、8月も終わりですね。

お子さんがいらっしゃる方は、夏休みの宿題がおわっているのかハラハラ

ドキドキされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も夏休みの宿題(特に苦手分野)がなかなか終わらず、リビングで泣きそうになりながら終わらせていたのが懐かしいです。

暑い日はまだまだつづきそうなので、みなさま体調には十分気を付けて

残暑を楽しみましょう♬

営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

中古住宅の売却をお考えの方に手数料について詳しく紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却を検討中の方はいらっしゃいませんか。
「住宅売却を考えているけれど、手数料がどれくらいかかるのか知りたい」
中古住宅の売却には、諸費用として手数料が必要です。
しかし、それくらい手数料がかかるのかわからないですよね。
そこで今回は、中古住宅の売却を検討中の方に手数料について詳しく解説します。

売却時にかかる諸費用について

売却を経験したことがない方は諸費用としていくら必要かわからないですよね。
ここでは売却時に必要な諸費用の項目と手数料の計算方法を紹介します。

まずは、仲介手数料です。
こちらは不動産会社に不動産売買を依頼した場合に、成功報酬として支払うお金です。
仲介してもらったけど、買い手が見つからなかったという場合は、支払う必要はないため安心してください。
仲介手数料には上限額が決められているため、そちらを紹介します。

・200万円以下の場合は売買金額×5パーセント
・200万円を超え400万円以下の場合は売買金額×4パーセント+2万円
・400万円を超える場合は売買金額×3パーセント+6万円
このように設定されています。

仲介手数料のほかには、印紙税、登録免許税、登記費用、司法書士への報酬があります。
印紙代は売却価格よって左右されますが、大体1万円でしょう。
登録免許税は不動産1件につき1000円なので、土地と建物であれば、2000円です。
登記費用は、5000〜15000円と考えていてください。

これらの内容はなかなか理解しにくいので、わからないことがあれば気軽にご相談ください。

手数料は安ければ良いわけではない

中古住宅を売却する際に、手数料が安い方が良いと考える方がいらっしゃると思います。
しかし、手数料は安ければ安いほど良いというわけではありません。

手数料が安い業者は、やはりそれなりの対応になることが多いでしょう。
対応の質が悪いと納得のいく売却ができない可能性があります。
手数料を上限まで求める業者は避けてしまいがちですよね。
しかし、しっかりとした対応をしてくれるため、結果的に満足のいく売却ができる可能性は高いでしょう。

仲介手数料の安さだけで不動産会社を選ぶことは失敗につながるかもしれません。
営業担当の方としっかりと話し合い、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

まとめ

今回は、中古住宅の売却を検討中の方に手数料について詳しく解説しました。
諸費用には、仲介手数料の他に印紙税や登録免許税、投機費用、引越し関連費用があることをご理解いただけましたか。
当サイトは、その場で不動産の価格を調べられるサービスを提供しています。
中古住宅の売却した方は是非当サイトをご利用ください。

中古住宅の売却を検討している方に向けて査定のポイントを紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却する機会はなかなかないですよね。
そのため、査定のポイントについて詳しくご存知の方は少ないでしょう。
そこで今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて査定のポイントを紹介します。

中古住宅売却の流れ

中古住宅の売却の流れを知っておけば、円滑に取引を進められるでしょう。

売却は
・不動産会社に査定依頼をする
・媒介契約を結ぶ
・売り出し
・決済と引き渡し
・確定申告
という流れで進みます。

それぞれの期間はおおよそ1ヶ月と考えておいてください。
売り出しの期間に関しては、物件の状況や価格、ニーズによって左右されるでしょう。
不動産売却で利益が発生した場合は、確定申告を忘れないようにしてください。

査定で見られるポイントとは

中古住宅を売却する際には、査定をします。
その査定の際に、見られるポイントを知っている方は少ないでしょう。
ポイントを知っておけば高額査定になる可能性が増えます。
ここからは査定で見られるポイントを4つ紹介します。

1つ目は、築年数です。
築年数は客観的に判断できる材料のため、査定に大きく影響するでしょう。
中古住宅で住宅ローン減税が受けられるのは、築20年以内と定められています。
そのため、築20年で資産価値が大きく変動するでしょう。

2つ目は、耐震基準です。
耐震基準は1981年に旧耐震と新耐震に分けられ、2000年には木造住宅に対する基準の変更がありました。
日本は地震が発生しやすいため、耐震基準が重要であることは明らかですよね。

3つ目は、間取りです。
一般的な住宅の間取りといえば、3LDKや4LDKでしょう。
こだわりの強い物件かどうかやユニバーサルデザインであるかどうかは査定に影響します。
生活のしやすさも重視されるため、間取りについても注意が必要です。

4つ目は、立地です。
日当たりや風通しの良さは物件を購入する際に確認しますよね。
そのため、立地は査定の際にも重視されるポイントです。

5つ目は、劣化具合です。
建物の劣化具合やひび割れ、水回りの傷みは必ず確認されるでしょう。
使用状況が悪く劣化が進んでいる場合は築年数が浅くても、査定額は低くなるかもしれません。

まとめ

今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて査定のポイントを紹介しました。
紹介した査定のポイントを頭に入れて、売却に臨むことをおすすめします。
当サイトで、その場で不動産の価格を把握できます。

ホームページがリニューアルしました!

ニュース, 不動産売却コラム, 中古住宅, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの宇和川です。

先日、不動産プラザのホームページがリニューアルしました!
デザインが少し変わっているので見てみてください(^^)/

また、この度のリニューアルに伴い、会員サイトが新しくなりました。
ログインには、新しい会員IDとパスワードが必要となります。
これまでのイエステーション会員の方々には、大変お手数をおかけいたしますが、パスワードの再発行をお願いいたします。

http://y.f-plaza.co.jp/
082-430-5581
営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183