不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

家を手放す方法は?家を手放す理由や売却時の注意点とともにご紹介

不動産売却コラム

家を手放す決断は、個人や家族にとって大きな転機となります。
多くの人々は、家を手放す際に何が最善かを知るために情報を求めています。
この記事では、家を手放す理由と、それに伴うさまざまな方法を詳しく探求します。
住み替え、不要物件の処分、離婚、転勤、相続など、さまざまな理由で家を手放すことを検討している人々にとって、この記事が状況に応じた最良の選択を見つけるための貴重な指針となることでしょう。

家を手放すという選択は、単に物理的な空間の変更以上の意味を持ちます。
それは、人生の新たな節目、家族構成の変化、あるいは経済的な判断としての側面を含むこともあります。
本記事を通じて、家を手放すことが個々の人生にどのように影響を及ぼすか、また、どのような選択肢が存在するのかを深く掘り下げていきます。

□家を手放す理由とは?

家を手放す理由は人それぞれですが、いくつかの一般的な動機が挙げられます。
ここでは、最も一般的な理由をランキング形式で紹介し、それぞれの背景を深く探ります。

1: 住み替え

住み替えによる家の手放しは、家族構成の変化が主な理由となります。
例えば、子供の誕生、親との同居、三世代家族の解消などが挙げられます。
実際の事例として、30代前半の男性は、家族の増加に伴い、より実家に近い2階建ての住宅に住み替えました。
また、50代の女性は、一人暮らしの母親と同居するために住み替えを決意しました。
さらに、リモートワークの増加により、自宅での作業スペースが必要となったことも、住み替えの理由として近年増えています。

2: 離婚

離婚は、新しい生活の開始に伴い、家を手放す理由として多く見られます。30代の男性は、離婚後に別居するため、所有していたマンションを売却しました。また、40代の男性は、財産分与の一環としてマンションを手放しました。

3: 転勤

転勤による売却も一般的です。東京から大阪へ転勤になった40代の男性は、賃貸に出す手間を避けるために売却を選びました。また、30代の女性は、購入後間もなく転勤が決まり、最終的には戻らないことを理由に売却を決断しました。

4: 相続

相続による売却も珍しくありません。40代の男性は、遠方の相続物件の維持が困難であると判断し、売却に至りました。また、60代の男性は、近所の要望や固定資産税の高騰を理由に、相続した空き家を売却しました。

このように、家を手放す理由は多岐にわたります。次に、これらの理由を踏まえた上で、家を手放す際の具体的な方法を探っていきましょう。

□家を手放す方法は?

家を手放す方法には様々な選択肢があり、それぞれの方法には特有の利点と欠点が存在します。
ここでは、家を処分する際の代表的な方法を具体的に探り、各方法が持つ特色と注意点を解説します。
あなたの状況に合わせて最適な方法を見極めるための参考にしてください。

1: 中古の家としてそのまま売却

中古としての売却は、一定の利益を期待できる方法です。
特に、物件の状態が良好であれば、市場価格以上で売れる可能性があります。
売却の際は不動産会社に仲介を依頼し、適正価格での売り出しを行うことが重要です。

売却額は物件の状態や立地、市場の需要によって左右されるため、事前に周辺の相場を把握し、適切な価格設定が求められます。
ただし、特に希望売却額がない場合は、市場価格かそれよりも少し安めに設定し、早期売却を目指す戦略も有効です。

2: 家を解体して売却

劣化が進んだ家は、解体して更地として売り出すことが適切な場合があります。
この方法は、土地自体の価値を活かせ、土地活用を考える買い手にとって魅力的な選択肢となります。
ただし、家の状態が悪い場合、売却価格が下がる可能性もあります。

更地として売却する際は、解体費用を含めた適正価格での売り出しが重要です。
さらに、市場の需要に応じて、家が建っていることが障害になる場合もあるため、売却前に市場の動向を理解することが必要です。

3: 買取で売却

不動産会社による直接買取は、迅速な売却が可能です。
この方法は、個人の買主を探すよりもスピーディーであり、確実な売却が見込めます。
買取価格は一般的に市場価格よりも低くなる傾向にありますが、スムーズな取引が可能です。

一定期間、仲介による売却活動を行い、それでも売れない場合に不動産会社が買い取るという方法も選択肢としてあります。
一般的には、仲介による売却では数か月かかることが多いですが、買取の場合は最短で1週間程度で売却が完了することもあります。

4: 寄付する

不動産を寄付する方法は、金銭的な利益を得ることを目的としない選択肢です。
この方法は、管理や税金の負担を回避できます。
自治体やNPOなどへの寄付が一般的で、寄付先は自治体のホームページや不動産会社を通じて探せます。
財産分与や社会貢献の一環として、不動産を寄付する選択は、売却が難しい場合の代替案として検討されることがあります。

5: 相続放棄する

相続によって取得する家が不要な場合は、相続放棄という手段があります。
相続放棄は、相続が可能であると知った日から3カ月以内であれば可能で、相続税やランニングコストを回避できます。
ただし、放棄後も一定期間、家の管理が必要となるため、その点を考慮する必要があります。
相続放棄は、特に距離的に離れた場所にある不要な物件を処分する際に有効な選択肢となります。

6: 賃貸に出す

不動産を賃貸に出すことで、家賃収入を得られます。
特に、比較的新しく、修繕費がほとんどかからない物件は、そのまま賃貸に出せることがあります。
また、賃貸に出すことで得られる家賃収入は、管理費などのコストに充てられます。
ただし、入居者が見つからない場合は、収入が得られず、物件の管理や税金の負担が発生します。
賃貸市場のニーズや物件の状態を考慮して、賃貸に出すか売却を選ぶかの判断が必要です。

以上の方法を検討し、あなたの状況に最適な処分方法を選ぶことが、家を手放す際の重要なステップとなります。

□家を売却する際の注意点

家を売却する際には、さまざまな注意点があります。
これらを事前に理解し、準備を整えておくことで、トラブルを回避し、スムーズな売却を実現できます。
以下に、売却時の主要な注意点を解説します。

1: 契約不適合責任の理解

売主は、建物が契約内容に適合していない場合に買主に対して負う「契約不適合責任」を持ちます。
これには品質不良や物品の違い、数量の不足などが含まれます。
買主は、これらの状況下で修理費の請求、損害賠償、代金減額、契約解除などを要求できます。

たとえば、買主に知らせずに売却した後、シロアリ被害や雨漏りなどが発見された場合、修理費用の請求を受ける可能性があります。
空き家を売却する際は、建物の状態を正確に把握し、必要な場合は修繕を行うことが重要です。

2: 相続物件の名義変更

相続によって家を取得した場合、売却前に必ず名義変更の手続きを行う必要があります。
この手続きは、所在地を管轄する法務局で行われます。
相続登記には時間と手間がかかるため、多くの場合、司法書士への依頼が一般的です。
手続きの遅れは売却の遅延に直結するため、早めの対応が推奨されます。

3: リフォームや解体の是非

売却前のリフォームは、一見すると物件価値の向上に貢献するように思えますが、必ずしも売却価格の上昇につながるとは限りません。
特に、フルリフォームは避けるべきです。

古い家を安価で購入し、自分でリフォームを行いたいと考える買い手もいるため、過度な改修は逆に買い手を逃す原因となることがあります。
ただし、雨漏りの修理や水回りの劣化部分など、最低限の修繕は行うべきです。
解体して更地にする選択もありますが、これにより買い手が住宅ローンを組みづらくなる可能性があるため、地域の市場状況を把握し、不動産会社と相談することが重要です。

これらの注意点を把握し、適切に対応することで、家を売却する際のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

□まとめ

今回は、家を手放す理由と方法、さらに売却する際の重要な注意点を解説しました。
家を手放す理由には住み替え、不要物件の処分、離婚、転勤、相続などがあり、それぞれに適した処分方法が存在します。
方法には、中古物件として売却、解体後の売却、買取、寄付、相続放棄、賃貸への出し方などがあり、これらの方法を状況に応じて選ぶことが重要です。
また、売却する際には、契約不適合責任、相続に伴う名義変更、リフォームや解体の是非といった点に注意を払う必要があります。

家を手放す選択は、個人の人生に大きな影響を与える重要な決断です。
この記事が、家を手放す理由と方法に関する理解を深め、適切な選択をするための参考になれば幸いです。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

空き家を放置していると維持費がかかる?維持費の内訳や放置のデメリットについて解説

不動産売却コラム

空き家の維持に関心が高く、効率的な管理方法やコスト削減について学びたいと考える方のために、この記事では空き家の維持にかかる具体的な費用とその削減方法を紹介します。
空き家の維持費用には多くの要素が含まれ、その総額は所有者にとって大きな負担となり得ます。
そこで今回は、これらの費用を解説し、所有者が賢い管理と財産価値の保全を行えるような情報を提供します。

空き家の維持費とは?

空き家を維持するためには、年間平均約35万円のコストがかかることが一般的です。
空き家の規模が大きくなればなるほど、費用は増加します。
維持費の主な内訳としては、固定資産税、都市計画税、水道光熱費、保険料が挙げられます。

固定資産税と都市計画税

空き家の土地と建物には、土地の面積や建物の評価額に応じた固定資産税が課されます。
税率は自治体によって異なりますが、おおむね1.4%とされ、住宅用地の特例により固定資産税が1/6に減額される場合もあります。
都市計画税も同様に、地域によって税率が異なり、空き家のエリアによってはこの税金の支払いが必要になることもあります。

水道光熱費

空き家の清掃や修繕を定期的に行うためには、水道や電気の契約を維持する必要があります。
これらは日常的に多くを使用するわけではないため、年間で2〜4万円程度が目安です。

保険料

空き家では、万が一のリスクに備えて火災保険や地震保険の加入が推奨されます。
これらの保険料は年間で15万円から18万円程度かかることが多いです。

その他の費用

空き家の管理サービス利用、修繕費用、土地の地代、管理会社への委託料なども空き家の維持費用に含まれる可能性があります。
これらは状況に応じて変動しますが、年間で数万円から数十万円の追加費用が発生することもあります。

以上のように、空き家の維持には多くの費用がかかり、所有者にとっては無視できない負担となるのです。

空き家を放置しておくことのリスクとは?

空き家を放置することには、多くのリスクが伴います。
これらのリスクは、経済的な負担だけでなく、安全面でも重要な懸念事項となります。

1:老朽化に伴うリスク

空き家は、使用されていないために老朽化が進行しやすくなります。
全く使われない状態が続くと、短い期間でも急速に劣化が進行する場合もあります。
これにより、大規模な修繕が必要になる可能性があり、修繕には高額な費用が必要です。

2:特定空き家の指定とその影響

「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、特定空き家に指定されると、地方公共団体が撤去や修繕を命じることがあります。
これに従わない場合、高額な代執行費用を請求されることもあります。

3:近隣住民への賠償責任

放置された空き家は、樹木の伸長や雑草の繁茂などにより、近隣住民に迷惑をかける原因となり、賠償責任が発生することもあります。
また、建物の一部が崩落したり倒壊したりして、隣の住宅へ被害を与えてしまう可能性もあります。
いずれにしても、放置しておくことには大きなリスクがあるのです。

4:自然災害による損害

台風や地震などの自然災害により、空き家が倒壊するリスクがあります。
倒壊した場合、その撤去や処分に高額な費用が必要になることがあります。

5:放火によるリスク

空き家は放火の対象になりやすく、放火による火災が発生すると、隣接する建物にも被害を及ぼす可能性があります。
これにより、所有者は賠償責任を負うことになることがあります。

6:資産価値の低下

放置された空き家は、建物の劣化や周辺環境の変化により、資産価値が低下します。
この結果、将来的に売却や活用を考えた際に、望ましい価格での取引が難しくなることがあります。

以上のように、空き家を放置することには、経済的な負担だけでなく、法的なリスクや安全面での懸念も大きいのです。
これらのリスクを理解し、適切な対策を講じることが重要になります。

空き家の維持費を解消する方法

空き家の維持費は、所有する限り続く経済的な負担です。
しかし、この負担を解消または軽減する方法はいくつか存在します。
次に、その具体的な方法を見ていきましょう。

1:売却する

空き家を売却することで、維持の負担から解放されます。
また、売却によって得られる資金は、新たな投資や他の資産の購入に活用できます。
ただし、必ずしも望むような高い価格で売れるとは限らない点や、いつまで経っても売れずに残ってしまうリスクがある点には注意が必要です。
売却する際には市場価格の把握や適切な価格設定が重要です。

2:賃貸に出す

空き家を賃貸に出すことで、維持費用の代わりに収入を得られるようになります。
賃貸市場での需要や物件の状態を考慮して、適切な家賃設定が必要です。
また、賃貸管理には専門的な知識が求められるため、不動産会社への仲介も検討すると良いでしょう。

3:リノベーションして貸し出す

リノベーションを行い、空き家を賃貸物件として再生する方法です。
リノベーションには初期投資が必要ですが、賃料の向上や物件の価値向上につながります。
ただし、リノベーションの費用対効果を慎重に評価することが重要です。

これらの方法を通じて、空き家の維持費用を解消または軽減し、より効果的な資産管理を目指せます。
所有する空き家の状況や将来計画を考慮し、最適な選択を行うことが重要です。

空き家売却時の注意点

空き家の売却は、複数の要素を考慮し、慎重に進める必要があります。
以下は、売却成功のために特に注意すべきポイントです。

1:名義変更の確認と手続き

空き家を売却するには、まず名義人が自分であることを確認する必要があります。
亡くなった方の名義のままの場合、売却前に必要な法的手続きを経て名義変更を行う必要があります。
このプロセスには、法務局での申請や必要書類の準備が含まれ、時間と手間がかかることがあります。
必要な場合は、司法書士への依頼も検討しましょう。

2:適切な価格設定

売却価格の設定は、市場価格を基にして行います。
買主からの値下げ交渉に備え、少し高めに設定するのが一般的です。
しかし、過度に高い価格設定は売却を長引かせる原因にもなり得るため、現実的な価格設定が重要です。
不動産市場の動向や近隣の物件価格を参考にしながら、適切な価格を見極めましょう。

3:売却にかかる時間とその準備

空き家の売却には、想定以上の時間がかかることがあります。
特に、立地や物件の状態が売却難易度に大きく影響します。
長期間売れ残るリスクを考慮し、売却活動中も維持費用が発生することを忘れないでください。

また、物件の状態を整え、より魅力的に見せるための準備も重要です。
必要であれば、ホームステージングや修繕を行い、買い手にとって魅力的な物件にする努力が必要です。

4:販売戦略と不動産会社の選定

売却の成功は、適切な販売戦略と信頼できる不動産会社の選定に大きく依存します。
市場動向を理解し、ターゲットとなる買い手層を明確にすることが重要です。
また、経験豊富で信頼できる不動産会社との連携は、スムーズな売却を実現するための鍵です。
物件の特性や売却目的に合った不動産会社を選び、効果的な販売戦略を立てましょう。

以上のポイントを押さえ、計画的に進めることで、空き家の売却は成功へと導かれます。
売却に関する各ステップを慎重に進め、最終的には資産価値の最大化を目指しましょう。

まとめ

今回は、空き家の維持費用の内訳とそれに伴う経済的負担、放置することのリスク、維持費を解消する方法、そして空き家売却時の注意点について詳しく解説しました。
空き家の維持には多くの費用がかかり、さまざまなリスクが伴いますが、適切な対応を行うことでこれらの課題を乗り越えられます。
空き家の所有者の方は、これらの情報を活用し、賢い管理と財産価値の保全を目指してください。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

離婚時持ち家の財産分与はどうする?方法や流れ、注意点について解説します

不動産売却コラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
令和6年能登半島地震により被災された皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

離婚を検討している方にとって、財産分与は避けて通れない大きな課題です。
離婚はただ単に戸籍上の婚姻関係を解消するだけではなく、夫婦が所有している財産を分け与えることでもあるのです。
そのため、結婚生活を通じて築き上げた共有財産をどのように分けるのかということは、円満に離婚ができるかどうかということに直結する問題になるのです。

離婚時に財産分与がスムーズに進まないと、元妻と元夫の間で遺恨が残ってしまったり、離婚後も手続きのために連絡を取らなくてはいけなくなってしまったりします。
実際、このように離婚時の財産分与が原因で、ストレスを受けてしまうケースは少なくありません。

そこで今回は、こうした離婚時の財産分与について、基礎知識や方法、注意点などを解説します。
離婚時の財産分与に関する不安や疑問を少しでも解消できれば幸いです。

□離婚時の財産分与の基礎知識

財産分与とは、離婚に際して、夫婦が共有してきた財産を分割する手続きのことです。
婚姻期間中に築いた財産は、原則として夫婦の共有財産と見なされます。
これには、現金や預金だけでなく、不動産や自動車、退職金なども含まれるため、その範囲は広いです。

財産分与には、大きく分けて「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」という3つの種類があります。
清算的財産分与は、夫婦が婚姻期間中に得た財産を分配するもので、最も一般的です。
扶養的財産分与は、離婚後の生活を支えるために行われ、慰謝料的財産分与は、不倫やDVなど離婚の原因を作った側が行うものです。

こうした財産分与の対象となるのは、夫婦が共有する財産で、特に婚姻期間中に獲得した財産が重視されます。
一方で、独身時代に形成された財産や相続などで得た特有財産は対象外となることが多いです。

財産分与の割合は一般的には半分ですが、それぞれのケースに応じて調整が行われることもあります。
例えば、一方が専業主婦(夫)であっても、財産の半分を得る権利があります。

□持ち家の財産分与の方法

*住宅を財産分与する基準

離婚時に住宅を財産分与する際、まず確認すべきはその住宅が分与の対象となるかどうかです。
夫婦共同で購入した住宅や婚姻中に購入した住宅は通常、分与の対象になります。
しかし、前述の通り、相続で得たものや独身時代の財産で購入した住宅は対象外とされることが一般的です。
対象外となる住宅でも、特定の事情や取り決めによっては分与の対象に含まれることがあるため、専門家の意見を仰ぐことも重要です。

*住宅の財産分与方法

住宅の財産分与には主に2つの方法があります。
1つは、住宅を売却して得た現金を分け合う方法です。
これには、不動産会社による査定が必要で、その査定額と住宅ローン残債との関係を考慮しながら進めます。
もう1つの方法は、住宅を一方に譲渡し、他方が評価額に基づいて現金を受け取る方法です。
この場合、特に子どもの学校や生活環境を考慮して、どちらが住宅を引き継ぐかを決めることが多いです。

住宅ローンが残っている場合は、その扱いに注意が必要です。
住宅を売却してもローンの残債が残る場合(オーバーローン)、または残債が査定額を上回る場合(アンダーローン)では、特別な対応が必要になります。
どちらの場合も、住宅ローンの残債とのバランスを考えながら対応を進めることが重要です。
これらの状況下では、任意売却や住宅ローンの再構築などの選択肢も検討することになります。

また、住宅の財産分与を行う際には、固定資産税の納税通知書の確認や不動産鑑定士による評価が必要になることがあります。
さらに、住宅ローンが残る場合は、その後の返済計画も含めて慎重に計画を立てる必要があります。
分与後の名義変更や税金の支払い、保険の手続きなども見落としてはならない重要なポイントです。

□持ち家を財産分与する手順

1:持ち家の所有権の確認

持ち家の財産分与を進める前に、まずは所有権(名義)を確認することが必須です。
なぜなら、所有権がどちらか一方の名義か、夫婦の共有名義かによって、分与の方法や手続きが大きく異なるからです。

例えば共有名義の場合、所有権の割合も重要な要素となり、分与の基礎となります。
名義に関しては、登記簿謄本などの公的な文書で確認し、持ち家の購入時の出資額や名義変更の記録を正確に把握することが大切です。

2:住宅ローンの確認

住宅ローンの名義と現状を把握することも重要です。
これまで述べてきたように、ローンの残債がある場合、その残債の扱い方が分与の方法に大きく影響します。
住宅ローンがある場合、連帯保証人の状況やローンの残債がどう分配されるか、これらは財産分与を行う上で考慮すべき重要なポイントです。

例えば、住宅ローンの名義人が夫でも、妻が連帯保証人となっている場合、離婚後も妻に返済義務が残ることがあります。
このようなケースでは、財産分与に際してローンの再構築や金融機関との交渉が必要になる場合があります。

3:財産分与の方法の決定

財産分与の方法は、持ち家を売却するか、どちらかが住み続けるかによって異なります。
住宅の査定額や市場価値を把握した上で、両者が納得できる方法を選択することが大切です。
特に、子どもの養育や生活環境の安定を考慮する必要がある場合、どちらが住み続けるかの選択には細心の注意が求められます。

例えば、子どもの教育環境や生活の安定を考慮して、片方が住宅を引き継ぐ場合、その際の評価額や分与の割合の決定には、公平性と両者の合意が不可欠です。

4:公正証書の作成

財産分与の合意が成立したら、トラブル防止のために公正証書を作成することが推奨されます。
公正証書は、将来的なトラブルを未然に防ぐための法的な担保となり、特に金銭的な取り決めや分与の細部に関して、両者の合意を公式に文書化できます。
この手続きにより、後々の争いを避けられる可能性が高まります。

公正証書の作成には、公証役場での手続きが必要で、手数料が発生しますが、これにより離婚後の財産の取り扱いに関して、口約束だけに頼らずに、法的な裏付けを持ちます。

□財産分与の注意点

*財産分与の請求権の期限

財産分与を求める権利は、離婚が成立してから2年間のみ有効です。
この期限を過ぎると、財産分与の請求はできなくなります。
したがって、分与対象となる財産がある場合は、この期限内に適切な手続きを進めることが重要です。
期限内に相手に財産分与を求める意思表示をすることで、権利が維持されるため、早めの行動が求められます。

*住宅ローンの連帯保証

住宅ローンの連帯保証人は、離婚後も返済義務が続くことがあります。
これは、離婚が保証債務を免除するものではないため、特に共有名義や連帯保証人の場合は注意が必要です。
金融機関との交渉や再契約が必要になることもあります。

離婚時に連帯保証人からの解除を交渉することが望ましいですが、多くの場合、金融機関は容易にこれを承諾しません。
そのため、他の解決策として住宅ローンの借り換えや、新たな保証人を立てる等の対策が必要になることもあります。

*公正証書の重要性

離婚協議書を公正証書化することで、財産分与や養育費の取り決めをより確実にします。
前述の通り、公正証書により、協議内容に法的な効力が与えられ、後のトラブルを防止できます。
公正証書を作成することによって、協議内容が守られなかった場合に、裁判所の執行力を用いて強制的に履行させられます。
これにより、口約束による不確実性が減り、両者間の合意がより確実なものとなります。

□まとめ

今回は、離婚における財産分与について、基礎知識や手続き、注意点などを解説しました。
財産分与は、夫婦間の合意に基づくものであり、その種類や対象、方法にはさまざまな要素が関わります。
特に住宅に関する財産分与は複雑で、住宅ローンの取り扱いや公正証書の作成など、法的な側面も考慮する必要があります。
適切な知識と理解を持ち、必要に応じて専門家の助言を求めることで、離婚時の財産分与をスムーズに進められるでしょう。
今回の内容が、少しでも参考になれば幸いです。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

媒介契約と売買契約の違いは?一般・専任・専属専任の媒介契約の違いも解説

不動産売却コラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
令和6年能登半島地震により被災された皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産を売却する際に最も重要なステップの1つが、媒介契約を理解し、適切な契約方法を選択することです。
売却プロセスは、売主と不動産会社との間での信頼関係に基づき進行しますが、その基盤となるのが媒介契約です。
媒介契約には、専任媒介、一般媒介、専属専任媒介という3種類があり、これらの契約形態はそれぞれ異なる特徴を持ち、売主のニーズや状況に応じて選ぶ必要があります。

今回は、それぞれの媒介契約の基本的な特徴を解説し、各契約形態のメリットとデメリットを比較します。
不動産売却は一生に一度の大きな取引かもしれません。
失敗することがないよう、媒介契約を正しく選択し、成功への重要な一歩を踏み出しましょう。

媒介契約とは?それぞれどんな違いがある?

媒介契約は、不動産売却プロセスにおいて売主が不動産会社に売却依頼をする際に交わされる契約です。
この契約には、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介という3種類があり、それぞれに独自の特性とメリットが存在します。

1:媒介契約の役割

媒介契約は、売主と不動産会社の間で交わされ、売買契約の締結に向けた取り組みが定められます。
この契約により、売却時期、価格設定、販売戦略などが計画され、不動産会社は売却活動を行う義務を負います。

2:契約の種類と特徴

専任媒介契約では1つの不動産会社にのみ売却を依頼し、その代わりに会社は積極的な販売活動を約束します。
一方、一般媒介契約は複数の会社に依頼が可能で、広範な販売ネットワークを利用できる利点があります。
専属専任媒介契約は、より強い販売努力を期待できる一方で、他の不動産会社との契約はできません。

3:選択の重要性

媒介契約の選択は、売却のスピードや成約価格に直接的な影響を与えます。
自身の状況や売却目標を慎重に考慮し、最適な契約形態を選ぶことが重要です。
誤った選択は、売却機会の損失や不適切な価格設定につながる可能性があるため、この段階での正確な理解が必要です。

一般媒介契約のメリットとデメリット

一般媒介契約は、売主が複数の不動産会社と契約を結べる契約形態です。
この形態は売却過程において柔軟性を提供し、売主に多くの選択肢をもたらしますが、同時にいくつかのデメリットも伴います。

一般媒介契約のメリット

複数の不動産会社を利用できることによる最大のメリットは、広範囲の市場露出です。
複数の会社から異なる販売戦略や提案を受けることで、物件に対する適切なアプローチを見つけやすくなります。
また、各不動産会社の持つ顧客基盤やマーケティング手法を活用することで、より多くの潜在的な買主に到達する可能性が高まります。

さらに、売主自身が買主を見つけた場合、一般媒介契約では仲介手数料を支払う必要がない場合がある点も大きな利点です。
これにより、売主は自らのネットワークを活用して買主を見つけられ、販売活動に積極的に参加できます。

一般媒介契約のデメリット

デメリットとしては、複数の会社とのコミュニケーションが煩雑になる点が挙げられます。
各会社からの報告や提案を管理し、適切なフォローアップを行うには、売主側の手間と時間が必要になります。

また、一般媒介契約は、不動産会社にとって確実な報酬が約束されていないため、特定の物件に対する取り組みが他の媒介契約に比べて弱くなる傾向があります。
これにより、物件の市場への露出が不十分になり、適切な買主に到達する機会が減少する可能性があります。

さらに、一般媒介契約では、不動産会社間の競争が発生するため、個々の会社が販売活動に全力を尽くすインセンティブが低くなることがあります。
これは、売却のスピードや最終的な取引条件に影響を与える可能性がある重要な点です。

専任媒介契約のメリットとデメリット

専任媒介契約は、売主が不動産の売却活動を1つの不動産会社に委託する契約形態です。
この契約により、売主と不動産会社は密接な連携を築き、集中的な販売活動を行います。
この契約形態は多くのメリットを提供しますが、いくつかのデメリットも存在します。

専任媒介契約のメリット

専任媒介契約の最大のメリットは、不動産会社による積極的な販売活動です。
1つの会社に焦点を絞ることで、その会社は物件の成功のために努力を集中し、効果的な販売戦略を立てやすくなります。
これにより、物件の売却スピードが向上し、より好条件での売却が可能になることが期待されます。

また、専任媒介契約では、不動産会社との間で密接なコミュニケーションが取れます。
これにより、売主は売却プロセスをより深く理解しやすくなり、売却活動における不安や疑問を軽減できます。
専任媒介契約は、一般媒介契約に比べて、物件に関する情報共有や戦略の調整が容易であり、売主はプロセス全体をより詳細に把握できます。

専任媒介契約のデメリット

専任媒介契約のデメリットとして、選択した不動産会社の能力やネットワークに強く依存することが挙げられます。
不動産会社が十分な経験やリソースを持っていない場合、売却プロセスが遅れるリスクがあります。
また、特定の会社とのみ契約するため、市場全体への露出が限られ、特定の買主層や市場セグメントに物件が届かない可能性があります。

さらに、専任媒介契約では、売主が自ら買主を見つけた場合でも、仲介手数料の支払い義務が発生することがあります。
これは一般媒介契約と比較して、費用面でのデメリットとなることがあり、売主はこの点を十分に理解し、検討する必要があります。

そして、専任媒介契約は、不動産会社の囲い込みリスクを高める可能性があります。
囲い込みは、不動産会社が他の会社に対して物件情報を開示せず、自社のみで買主を探す慣行を指します。
これにより、物件の市場への露出が低下し、適切な買主を見つける機会が減少する恐れがあります。

専属専任媒介契約のメリットとデメリット

専属専任媒介契約は不動産売却において最も強いパートナーシップを築く契約形態です。
この契約では、売主は不動産売却の全面的な権利と責任を1つの不動産会社に委ねます。
この高い委託レベルは特有のメリットを提供しますが、同時にいくつかのデメリットも伴います。

専属専任媒介契約のメリット

専属専任媒介契約の最大のメリットは、不動産会社が物件に対して最大限のリソースと努力を注ぐことです。
これにより、売却プロセスの加速、高価格での成約の可能性が高まります。
専属専任契約を結ぶことで、不動産会社は他の競合との共有がないため、より個別化された戦略を立案し、積極的なマーケティング活動を展開できます。

また、この契約形態は、売主と不動産会社間での緊密なコミュニケーションを促進します。
売主は売却活動の詳細な情報を定期的に受け取り、プロセス全体をより深く理解できます。
これにより、透明性が高まり、売主の安心感が増します。

さらに、専属専任媒介契約では、不動産会社が物件の販売に集中できるため、物件の売却に向けた市場分析やターゲティングがより精密になります。
これにより、最適な買主層への効果的なアプローチが可能になり、売却成約の確率が高まります。

専属専任媒介契約のデメリット

一方で、専属専任媒介契約には、特定の不動産会社の能力やパフォーマンスに依存するリスクが伴います。
選択した不動産会社が適切な戦略やリソースを持っていない場合、売却の遅れや望ましくない条件での売却が発生する可能性があります。

また、専属専任媒介契約では、売主が自ら見つけた買主への売却が基本的に制限されています。
仮に売却できた場合でも、仲介手数料の支払い義務や違約金が生じます。
これは他の契約形態に比べると、売主にとって不利益になることがあります。

最後に、専属専任媒介契約は、特定の不動産会社とのみ契約することから、市場への露出が限定され、売却機会が逸されるリスクが高まります。
特に広範なネットワークを持たない会社との契約は、潜在的な買主層や市場セグメントへの到達が困難になり、最適な買主に物件が届かない可能性があります。

まとめ

今回は、媒介契約の基本知識、特に「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つのそれぞれの特徴について解説しました。
不動産売却において、どの契約方法を選択するかは、売却が成功するかどうかに直接関わる問題でもあります。
需要の高い物件であっても、契約方法が合っていないと売却までに時間がかかったり、思うような価格で売却できなかったりする可能性もあります。

そのため、不動産会社と媒介契約を結んで売却活動を行う場合、まずはそれぞれの契約方法について深く理解し、その上で自ら最適な契約方法を選択することが重要です。
これから不動産売却を検討するという方は、ぜひ今回の内容を参考に、適切な契約方法を選ぶことを意識してみてください。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

行政によって空き家の取り壊しが行われる「行政代執行」とは?

不動産売却コラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
令和6年能登半島地震により被災された皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

空き家を所有することは、多くの人にとって重要な資産管理の一環です。
特に近年では全国的に空き家が増加傾向にあり、社会問題として空き家の管理や処分について注目が高まっています。

例えば、管理されずに放置される空き家が以前に比べてより問題視されてきていますが、そのように空き家の管理を怠ってしまうと、予想以上のリスクに直面することがあります。
実際、空き家を放置したことによってさまざまなデメリットや直接的な金銭的損失を被ったり、行政代執行を受ける結果になってしまったりすることがあります。

そこで今回は、空き家を放置した場合に生じるリスクや、行政代執行の流れ、それを避けるための具体的な対策について解説していきます。
空き家の管理でお困りの方は、ぜひご覧ください。

空き家を放置しておくことのリスクとは?

1:老朽化に伴う大規模な修繕が必要になる

空き家は、使用されていないことから老朽化が進みやすく、修繕が必要となる場合、その規模は大きくなりがちです。
特に、定期的なメンテナンスが行われていない場合、修繕にかかる費用は通常の家屋に比べて高額になる可能性があります。

2:特定空き家に指定される

放置された空き家は、地方公共団体によって特定空き家と指定されることがあります。
この指定を受けると、強制的な撤去や修繕の命令が出され、それに伴う高額な費用が所有者の負担となります。

3:危険性が高く近隣住民に賠償責任が生じる

放置された空き家は、周囲の住民に対する危険性が高まります。
倒壊や火災などの危険があり、これらが原因で近隣住民に被害を及ぼした場合、所有者は賠償責任を負うことになります。

4:自然災害による倒壊の処分費用が必要になる

空き家は、台風や地震などの自然災害に弱く、被害を受けやすい傾向にあります。
倒壊した場合、その処分には高額な費用がかかります。

5:不審火・放火で賠償責任が生じる

空き家は放火の対象となりやすく、火災が発生した場合、その賠償責任は所有者に及びます。
特に、放火による火災は近隣地域にも広がるリスクがあり、大きな損害を引き起こす可能性があります。

6:資産価値への悪影響がある

空き家の放置は、その資産価値にも影響を及ぼします。
建物の劣化や周囲の環境悪化により、不動産としての価値が著しく低下することがあります。

行政代執行とは?解体費用はかかる?

行政代執行は、空き家の問題が深刻化した場合、行政が直接介入し、解体や改修を強制的に実行する手続きです。
この措置は、空き家の所有者にとって大きな経済的な負担となり得ます。
行政代執行を受けることで、空き家の所有者は以下のような影響を受けます。

高額な解体費用の請求

行政代執行による解体は、通常の会社を雇うよりも高コストです。
行政は解体の迅速さを重視し、高い技術を持つ会社に依頼するため、その費用は所有者の想定を大きく超えることが多いです。
場合によっては、解体費用が数百万円から1000万円以上にも達することがあり、これが全額所有者の負担となります。
さらに、解体後の廃材処理費用も加わるため、総コストはさらに増加します。

財産の差し押さえ

解体費用を所有者が支払えない場合、行政は財産差し押さえに踏み切ることがあります。
この差し押さえには、現金、預貯金、株式、車、貴金属など、幅広い財産が含まれる可能性があります。
さらに、給与の一部も差し押さえの対象となることがあり、所有者は重大な経済的ダメージを受けることになります。
このような差し押さえは、所有者のライフプランに深刻な影響を及ぼし、計画していた将来の投資や支出計画に支障を来たすことになります。

個人情報の公開と社会的信用の失墜

行政代執行が行われると、その事実は多くの場合、公開されます。
これにより、所有者の個人情報が公にされることになり、地域社会や職場などでの評判に影響を与える可能性があります。
また、行政代執行を受けた事実は、社会的信用の低下につながり、将来のキャリアに悪影響を及ぼすことも考えられます。
特に、ビジネスや職業上の信用が重要な役割を果たす場合、このような公開は大きなダメージとなりえます。

行政代執行までの流れ

1:所有者への助言・指導

最初のステップとして、市町村の長は、特定空家の所有者や管理者に対し、除却や修繕などの必要な措置を取るよう助言または指導を行います。
この段階では法的な強制力はありませんが、重要な警告として受け止め、早期の対応を検討する必要があります。
助言・指導を受けた所有者は、空き家の現状を見直し、必要な改修や清掃を行うことが望ましいです。

2:勧告

助言や指導に応じない場合、次に市町村長は所有者に対して正式な勧告を行います。
勧告には通常、実行すべき措置と猶予期限が設定されます。
この時点で、所有者は空き家の状態改善に向けた具体的な計画を立て、着手することが重要です。
勧告を無視すると、行政代執行が一層現実的になります。

3:命令

勧告に対しても適切な対応が取られない場合、市町村長は所有者に対して命令を出します。
命令段階になると、法的拘束力が発生し、命令に従わない場合には罰則が科せられる可能性が出てきます。
この段階で、所有者は解体や修繕に対する更なる責任を負うことになり、必要な措置を迅速に取る必要があります。

4:行政代執行の戒告

命令に従わない場合、市町村長は行政代執行の実施を戒告します。
この戒告は、行政代執行が現実のものとなる重要な通知です。
所有者はこの段階で最後の対応機会を持ち、早急に適切な措置を講じることが求められます。

5:行政代執行の通知

戒告後、指定された期限までに適切な対応が取られない場合、市町村長は行政代執行令書を発送します。
この令書には、行政代執行の詳細と期限が明示され、所有者には最後の通告となります。
この通知を受けた所有者は、速やかな行動が必要です。

6:行政代執行の実施・費用の徴収

最終的に所有者が適切な措置を取らない場合、行政代執行が実施され、空き家は撤去または改修されます。
この際の費用は、所有者の負担となり、高額の負担となる可能性があります。

行政代執行を回避するための方法

空き家の自主的な解体や修繕

行政代執行を回避する最も直接的な方法は、空き家を自主的に解体または修繕することです。
特に、建物の状態が著しく劣化している場合、解体が最も効果的です。
解体には費用がかかりますが、行政代執行による解体費用と比較すると、所有者が自ら会社を選定する方がコストを抑えられます。
また、修繕を行う場合、空き家の再利用や賃貸など、新たな価値を生み出すことも期待できます。

不動産買取会社による売却

空き家の問題解決のもう1つの方法は、不動産買取会社による売却です。
空き家を専門に扱う買取会社に売却することで、管理の責任から解放されるだけでなく、即時的な資金化が可能となります。
買取会社は、空き家の状態を問わず買い取ることが多いため、解体や修繕に費用をかけることなく売却できることが大きなメリットです。

まとめ

今回は、空き家の放置によるリスクと、行政代執行のデメリット、そしてそれを回避するための具体的な対策を紹介しました。
空き家の放置に関しては、老朽化に伴う大規模な修繕の必要性、特定空き家への指定、近隣住民への危険や賠償責任、自然災害による倒壊リスク、放火や不審火の可能性、資産価値の減少など、多岐にわたるリスクを理解し、適切な対応を取ることが重要です。

また、行政代執行のリスクとその対応策についても、理解しておくことが望ましいです。
どのような流れで行政代執行が実施されるのかを知っておくことは、適切な対処につながります。

空き家の所有者は、これらの情報を参考にして、適切な管理と対策を実施することが求められます。
空き家問題は個人の資産管理だけでなく、地域社会にも影響を及ぼすため、早期の対応と適切な管理が不可欠です。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

不動産の媒介契約とは?専属専任媒介契約などそれぞれの特徴をご紹介!

不動産売却コラム

不動産を売りに出す際には、様々な契約方法が選択肢として存在しています。
それぞれの契約方法にはそれぞれの特徴があり、異なるメリット・デメリットを持っています。
そのため、同じ不動産を売りに出すとしても、どの契約方法を選ぶかによって売却結果には違いが生まれるのです。

今回は、そんな不動産売却の契約方法について、それぞれの方法の特徴をご紹介します。
具体的には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」のそれぞれの特徴や違いを解説します。
これから不動産売却をしようかとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも媒介契約とは?

不動産取引において、納得のいく売却を行うためには、媒介契約について正しく理解することが不可欠です。
媒介契約とは、宅地建物取引業者(不動産仲介会社)が不動産を売却しようとする者または売買の当事者の双方との間で締結する契約のことです。

土地や建物などの不動産を売る際、売主が自らすべての売却活動を行い、購入希望者を集めることは難しく、現実的ではありません。
そこで不動産会社が売主に代わって売却活動を行い、購入希望者を集めます。
そこで、依頼者にとって不利にならない正当な売買契約を結ぶために、法律に基づいた媒介契約を結ぶ必要があるのです。

媒介契約は、不動産取引におけるトラブルを未然に防ぐために重要です。
この契約により、依頼者と不動産会社の間の期待と責任が明確になり、双方に安心をもたらします。
法的にも、宅地建物取引業法に基づき、媒介契約の締結が義務付けられています。

また売主は、自身の状況やニーズに応じて最適な契約形態を選択することが重要です。
例えば、広範囲に販売活動を行いたい場合は一般媒介が適しているかもしれませんし、特定の不動産会社と密接に協力して取引を進めたい場合は専任媒介や専属専任媒介が適しています。

一般媒介契約の特徴

1.複数社との契約可能

一般媒介契約は、不動産売買において最も柔軟性が高い契約形態とされています。
最大の特徴は、複数の不動産会社と同時に契約を結べることです。
これにより、売主は広範な販売網を利用して物件を売却する機会を増やせます。
また、複数の会社が競うことで、より良い条件での売却を期待できます。

2.自己発見取引の可能性

一般媒介契約では、売主が自ら買主を見つけて売却できるケースもあります。
これは自己発見取引と呼ばれ、売主が直接買主を見つけた場合、不動産会社を介さずに取引を行えます。
そのようにして個人間での直接取引が成立した場合、不動産会社の仲介は受けていないことになるため、仲介手数料の節約につながります。
こうした柔軟性は、売主にとって大きなメリットとなります。

3.仲介手数料に関する誤解の解消

一般媒介契約では複数の不動産会社に依頼するため、仲介手数料が高くなるとの誤解があります。
しかし、実際には売買契約が成立した際のみ手数料が発生するため、手数料の金額は他の契約形態と同様です。
この点を理解することで、売主は安心して契約形態を選択できます。

4.明示型と非明示型の選択

一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」があります。
明示型では、他の不動産会社との契約状況を明らかにする必要があり、非明示型ではその必要がありません。
売主は自身の状況に応じて、適切なタイプを選択することが重要です。

専任媒介契約の特徴

1.契約可能な不動産会社は1社のみ

専任媒介契約を結ぶ際、売主は1つの不動産会社とのみ契約を結びます。
これにより、選ばれた不動産会社は売主に対してより専念したサービスを提供することが可能となり、売却活動における効率性と集中力が高まります。
例えば、A社と専任媒介契約を結んだ場合、他の不動産会社との契約は不可能になりますが、その分A社は売却物件に対してより熱心な販売活動を展開することが期待できます。

2.自己発見取引の可能性

専任媒介契約では、一般媒介契約と同様に、売主が自ら買主を見つけて売却できるケースがあります。
後述する専属専任媒介契約ではこうした自己発見取引は不可能であるため、自己発見取引を行う可能性がある場合は契約方法を慎重に選ぶべきでしょう。

3.契約期間の上限は3ヶ月

法律により、専任媒介契約の期間は最長3ヶ月と定められています。
この期間内に売却が成立しない場合、売主は契約を更新するか、他の不動産会社との契約を検討できます。
この制限は、売主が1つの不動産会社に縛られる期間を適切に管理し、必要に応じて柔軟に対応できるようにするためのものです。

4.仲介手数料の一貫性

専任媒介契約を含む、どの媒介契約を選択しても、仲介手数料に差はありません。
これにより、売主は契約の種類によるコストの違いを気にせず、自身のニーズに最適な契約形態を選択できます。

5.レインズへの登録義務

専任媒介契約では、契約した不動産会社には物件情報をレインズに登録する義務が生じます。
これにより、物件情報が全国の不動産会社に共有され、より多くの買主候補にリーチ可能となります。
例えば、A社と契約した場合、A社は物件情報をレインズに登録し、他の不動産会社がその情報をもとに買主を探せます。

6.営業活動状況の定期報告

不動産会社は2週間に1回以上、売主に対して営業活動の状況を報告する義務があります。
これにより、売主は物件の売却状況を定期的に把握し、必要に応じて販売戦略を調整できます。
例えば、A社が売却活動の進捗を報告することで、売主は市場の反応を理解し、価格調整や販売方法の変更を検討できます。

□専属専任媒介契約の特徴

1.売りにくい物件でも迅速に売却しやすい

専属専任媒介契約は、特に売りにくい物件の迅速な売却に有効です。
この契約形態では、不動産会社が物件に対して積極的な販売活動を展開することが期待されます。
例えば、駅から遠い立地や築年数が経過した物件など、一般的に需要が低いとされる物件でも、専属専任媒介契約を利用することで、より迅速に買い手を見つけられる可能性が高くなります。
これは、不動産会社が物件情報をレインズに登録し、定期的に業務状況を報告する義務があるため、より一層の販売努力が期待できるからです。

2.1つの不動産会社とのみの取引で手間を削減

専属専任媒介契約のもう1つの大きな利点は、手間を削減できることです。
この契約では、売却に関わるすべての業務を1つの不動産会社に依頼します。
これにより、複数の不動産会社とのやり取りが不要となり、売却過程での手間が大幅に軽減されます。

特に、買い手との交渉や契約手続きなど、不動産取引においては予期せぬ時間が必要となることが多いため、この点は大きなメリットと言えます。
さらに、不動産会社は定期的に業務状況を報告するため、売主は自ら積極的に情報を求める必要がなく、安心して取引を進められます。

3.専属専任媒介契約の選択がもたらす安心感

専属専任媒介契約を選択することで得られるもう1つの利点は、安心感です。
この契約形態では、不動産会社が売却物件に対してより個別かつ専門的なアプローチを行うため、売主はその物件の販売における最適な戦略を期待できます。
また、不動産会社は契約に基づき、定期的に売却活動の状況を報告する義務があり、売主は常に最新の情報を手に入れられます。

これにより、売却プロセス全体を通じて、売主はより安心して不動産取引を進められます。
専属専任媒介契約は、売主にとって、物件の売却をよりスムーズかつ安心して進めるための有効な手段と言えるでしょう。

まとめ

今回は、媒介契約の概要と、それぞれの契約方法の特徴をご紹介しました。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があり、それぞれに異なるメリット・デメリットがあります。
契約方法で損をしないためにも、契約方法について検討する際には、それぞれの特徴や違いをきちんと理解することを意識しましょう。
今回の内容が、これから不動産売却を行う方にとって少しでも参考になれば幸いです。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

早く処分したいのに実家が売れないときはどうすれば良い?原因や対策をご紹介

不動産売却コラム

「早く実家を処分したいのに、なかなか売れない…」
空き家となった実家を中古住宅として売りに出しているが、なかなか売れずに困っているといったケースは珍しくありません。
実家の売却がうまくいかないと焦ってしまいがちですが、そんな時こそ焦らず、落ち着いて原因や対処法を考えることが大切です。

今回は、実家が売れない原因や売れないまま放置しておくことのリスク、対処法などをご紹介します。
現在実家が売れずに悩んでいる方はもちろん、これから実家を売りに出そうと考えている方も、ぜひご覧ください。

早く処分したいのに実家が売れない原因とは?

実家が売れない原因は様々で、複数の原因が重なって売却に不利に働いている可能性もあります。
最終的に実家の売却を成功させるためにも、まずは実家が売れなくなっている原因を突き止めることが重要です。

家が古すぎる

実家が長年の間に古くなっていることは、売却するにあたって最も大きな障害となると言っても過言ではありません。
誰しもがなるべく新しく綺麗な家に住みたいと考えるため、どうしても築年数の経過している家は買い手が遠ざかってしまいがちです。
また、古い家はリノベーションが必要になる可能性が高く、買い手にとっては追加の投資が必要になるため、購入のハードルが上がってしまいます。
こうした問題に対処するには、売りに出す前にリノベーションを行うか、価格を調整して、物件の魅力を高める必要があります。

立地の不利

家の立地が不便である場合、例えば学校や駅から遠い、日当たりが悪いなどの問題は、売却のしやすさに大きな影響を与えます。
立地の問題は解決が難しいため、価格を調整したり、自然環境が豊かであるなどといったその他の魅力を前面に出したりして、買い手の関心を引くことが重要です。

再建築不可の問題

再建築不可物件は、新たに建築ができないため、買い手にとって魅力が薄れます。
このような物件は、土地自体の価値を強調するか、特定のニーズを持つ買い手を見つけることが重要です。
例えば、農業用地としての利用や、特殊な用途に適した土地としての価値をアピールすることが考えられます。

高すぎる価格設定

売却物件の価格設定が市場価値を大きく上回っている場合、買い手は敬遠します。
適切な価格設定は、不動産市場の動向を理解し、専門家の意見を参考にすることで決定するべきです。
また、売り出しのタイミングも重要で、市場の需要が高い時期に合わせることで、より良い結果が期待できます。

内見時の印象の悪さ

内見時の印象は、物件の売却に大きな影響を与えます。
清潔で整理整頓された状態で内見を迎えること、売主としての適切な対応を心がけることが重要です。
物件の魅力を最大限に引き出すためには、細部にわたる注意が必要です。

空き家を放置することのリスク

1.資産価値の低下

空き家は、換気や修繕が行われないため、急速に老朽化が進みます。
これにより、資産価値が大幅に下がるリスクがあります。
この問題に対処するためには、定期的なメンテナンスや、必要に応じた修繕を行うことが重要です。
また、売却を検討する場合は、早めの行動が資産価値の低下を防ぐ鍵となります。

2.近隣トラブルの発生

空き家は、見た目の悪化や不審者の出入りなど、近隣住民とのトラブルの原因になりがちです。
これらの問題を避けるためには、定期的な清掃や管理を行い、近隣住民とのコミュニケーションを保つことが重要です。
また、空き家のセキュリティ対策を強化することで、不審者の侵入を防ぐことも有効です。

3.老朽化によるリスク

空き家の老朽化は、倒壊の危険性を高めるだけでなく、法的な問題を引き起こす可能性もあります。
特に、「特定空き家」に指定されると、税金面での不利益や、是正措置の義務が生じます。
これを避けるためには、定期的な点検と必要に応じた補修が不可欠です。

4.経済的なデメリット

空き家は、固定資産税などの税金を支払う必要があり、特に特定空き家に指定されると、税金の負担が増大します。
この問題に対処するためには、空き家の状態を適切に管理し、必要に応じて売却や賃貸などの選択肢を検討することが重要です。

実家の売却で成功するためのポイント

1.市場相場を的確に把握して売出価格を見直す
実家を売る際に最も重要なステップの1つは、市場相場を正確に把握し、売出価格を見直すことです。
周辺の類似物件の価格を調査し、相場を考慮して適切な価格設定を行いましょう。

2.不動産会社の選定を検討する
不動産会社は売却プロセスにおいて重要な役割を果たします。
適切な不動産会社を選ぶことで、実家の物件タイプに合った専門知識を持つプロフェッショナルに仕事を任せられます。
悪徳業者にはくれぐれも注意し、信頼性のある不動産会社を選びましょう。

3.ターゲットを明確に設定する
実家の売却に際して、ターゲットを明確に設定することが重要です。
物件の状態や条件に合った買い手層を特定し、売却戦略を立てることで、成功への道が開けます。

4.オリジナルなアプローチを採用する
他の物件と差別化を図るために、オリジナルなアプローチを採用しましょう。
実家の特徴や魅力を強調し、購入者に訴求力を持たせる文章や広告を作成しましょう。

5.購入希望者への説明と対応に注意を払う
購入希望者とのコミュニケーションは重要です。
物件に関する質問や疑念に対応し、説明を丁寧に行うことで信頼を築きましょう。
また、柔軟な対応姿勢を持ち、価格交渉にも臨機応変に対応しましょう。

6.法的手続きと契約を確実に進める
売却契約においては法的手続きを確実に進めることが不可欠です。
契約書類や必要な書類の整備を怠らず、トラブルを未然に防ぎましょう。

7.実家の条件を客観的に評価して必要なリフォームを検討する
実家の状態に応じて、必要なリフォームやメンテナンスを検討しましょう。
リフォームが売却価格に寄与する場合もありますが、無駄な費用をかけずに効果的な改善を行うことも重要です。

8.特典や特例を活用する
実家の売却において、税金や特典・特例を活用することで利益を最大化できます。
譲渡所得税の特例や3000万円特別控除など、適用可能な特典をチェックしましょう。

空き家を高く売却するための戦略

1.リフォームや更地化を慎重に判断する
古い空き家を売却する際、リフォームや更地化の必要性を検討することがありますが、必ずしも高く売却できるとは限りません。
市場ニーズに合わせて慎重に判断し、不動産会社に相談しましょう。

2.更地にする場合は年始に実施する
更地にする場合、年末ではなく年始に実施することをおすすめします。
年始に建物を撤去することで、固定資産税の節税効果が得られます。計画的な行動が重要です。

3.利益を最大化する特典を利用する
売却で得た利益を最大化するために、譲渡所得税の特典を利用しましょう。
特例や控除を活用することで、税金負担を軽減できます。

4.不動産会社を選び、専門知識を活用する
空き家の売却においても、適切な不動産会社の選定が重要です。
物件に特化した専門知識を持つ不動産会社を選び、成功に導くプロフェッショナルのアドバイスを受けましょう。

まとめ

今回は、早く処分したい実家が売れない原因や放置することのリスク、売れないときに見直すべきポイントや高く売るためのコツをご紹介しました。
空き家が売れずに放置されてしまうと、建物の資産価値が低下し、さらには近隣トラブルの火種となる可能性もあります。
そうならないために、売れない場合は見直すべきポイントをきちんと見直し、早めに行動することを心がけましょう。
今回の記事が皆さまの参考になれば幸いです。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

実家の空き家はどうする?処分方法をご紹介します

不動産売却コラム

「空き家になった実家を所有しているが、扱いに困っている」
「処分できるならしたいが、どうすれば良いのかわからない」
昨今、空き家の増加が社会的に大きな問題となっていますが、実際にこのような空き家に関する悩みをお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

実家などの空き家の扱いに困った結果、そのまま放置してしまうといったケースは少なくありませんが、様々な理由からそういった選択はおすすめできません。
今回は、実家の空き家の処分に困った場合でも冷静に対処できるように、空き家を放置するデメリットや放置される背景、処分方法について解説します。
現在空き家を所有している方やこれから空き家を相続する可能性があるといった方は、ぜひご覧ください。

実家の空き家を放置するデメリット

1.建物の劣化が進行するリスク

空き家となった実家を放置すると、建物の劣化が進行します。
小さな損傷も見過ごされがちで、時間とともに大きなダメージに発展する恐れがあります。
例えば、台風で屋根瓦が飛んだり、悪戯でガラスが割れたりする事態が起こり得ます。
これらの問題を早期に対処しないと、建物はさらに破損し、修復が困難になることもあります。

また、室内も定期的に換気しないと、カビや湿気による劣化が進むでしょう。
結果として、空き家は内外からの劣化により、廃墟へと変わってしまう可能性が高まります。

2.敷地内の雑草の問題

空き家の敷地が放置されると、雑草が生い茂ります。
これは見た目の問題だけでなく、野良犬や野良猫、害虫の繁殖地になるリスクも伴います。
庭の管理を怠ることは、周囲の環境にも悪影響を及ぼすため、注意が必要です。

3.近隣住民への影響

放置された空き家は、周囲の住民にとっても脅威となります。
成長した樹木が隣家の屋根を覆うようになると、倒れるリスクが高まり、隣人の安全を脅かします。
また、枯葉の堆積や不法投棄されたゴミの悪臭など、さまざまな問題が発生する可能性があります。
これらの問題は、空き家の所有者にとっても法的な責任を問われることにつながります。

4.加害責任と法的リスク

空き家が原因で事故が発生した場合、所有者は加害責任を問われることがあります。
例えば、台風により建物の一部が飛散し、人や他の物に被害を与えた場合、その責任は相続した人に及びます。
このようなリスクを避けるためにも、空き家の適切な管理が求められます。

5.経済的な負担

空き家を放置すると、固定資産税の支払いが続きます。
特に、特定空き家に指定された場合、税額が増加することもあります。
これは経済的な負担となり、所有者にとっての重い責任を意味します。

6.管理の委託に伴う費用と手間

空き家を適切に管理するためには、第三者に委託することが必要になる場合があります。
特に、遠方にある場合、定期的な点検や管理は困難で、専門の管理会社に依頼する必要が生じます。
これには追加の費用と手間が発生し、所有者にとってはさらなる負担となります。

空き家が放置されてしまう原因

1.固定資産税の軽減のため

多くの人が空き家を放置する主な理由の1つは、固定資産税の軽減です。
建物がある場合、固定資産税が更地よりも低くなるため、経済的な理由から空き家をそのままにしてしまうケースがあります。
しかし、2015年以降、倒壊の危険が高い空き家は特定空き家とされ、税の軽減措置が適用されなくなりました。
そのため、現在では空き家を放置しておくことに以前ほど税金面でのメリットはないと言えます。

2.処分に伴う費用と手間

空き家を処分するには、多額の費用が必要です。
亡くなった親が処分費用を用意していない場合、子どもがその費用を負担することになり、処分をためらう原因となります。
また、専門家に相談する手間や、物件の立地や状態による売却価格の不確実性も、処分を後回しにする理由となっています。

3.思い出の重み

多くの人が実家を処分できない理由の1つに、家族の思い出が大きく関わっています。
特に、田舎から都会に出た子どもにとって、実家は帰る場所としての意味を持ち、捨てられない思い出の品を置いておく場所として重要視されます。
仏壇がある場合、その精神的な重みはさらに増し、実家を手放すことへの躊躇を強めます。

実家の空き家を処分する方法は?

実家の空き家を処分する際、多くの選択肢が存在しますが、その中でも特に「売却」が現実的であると言えます。
他の方法には、自治体への寄付や空き家バンクへの登録、解体、無償譲渡などがありますが、これらにはそれぞれ何らかのデメリットが伴います。

1.自治体への寄付
自治体に実家を寄付する選択肢もありますが、これは現実的ではありません。
自治体は明確な使用目的がない建物や土地の寄付を受け入れることは少なく、寄付を受け入れると固定資産税の課税ができなくなるため、財政的な負担が増加します。
さらに、寄付された物件の管理費用も税金から支出される必要があります。

2.空き家バンクへの登録
空き家バンクに登録して買い手を探す方法もありますが、このシステムは自治体が運営するため、不動産の専門知識が不足していることが多く、売却活動やサポートが十分でないことが問題です。
また、買い手が見つかっても、スムーズに売買契約が成立する保証はありません。

3.解体
老朽化した実家を解体する選択肢もありますが、これには高額な解体費用がかかり、その費用を土地の売却で回収できる保証はありません。
また、解体後の土地は固定資産税が大幅に増加するリスクも伴います。

4.無償譲渡
無償譲渡は、物件を無料で手放す方法です。
しかし、この方法では、物件の価値を全く回収できず、貰い手が見つかる保証もありません。

以上の点から、実家の空き家を処分するには、売却が最も現実的な方法であると言えます。
売却には、仲介業者を通じた方法と、買取業者に直接売る方法がありますが、特に買取は迅速かつ手間が少ないため、効果的な選択肢となり得ます。

空き家買取のメリット・デメリット

空き家を買取に出すことには、多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

メリット

空き家買取の最大のメリットは、迅速な売却が可能であることです。
買取では、不動産会社が直接買い手となるため、買取意志が明確になれば、ほぼ確実に売却が成立します。
これに対し、仲介を利用する場合は、購入者を見つけるまで時間がかかり、売却が不確実になることがあります。
また、買取では、売主側の費用負担や手間が大幅に削減される点も大きな利点です。

デメリット

しかし、買取にはデメリットも存在します。
最も顕著なのは、売却価格が仲介を利用した場合に比べて低くなる傾向にあることです。
買取業者は、買い取った不動産を再販売することで利益を得るため、市場価格よりも低い価格での買取が一般的です。
また、特定の問題を抱える不動産の場合、買取が難しいこともあります。

以上の点を踏まえると、空き家の買取は迅速な売却を望む場合に適していますが、売却価格に関しては慎重な検討が必要です。
売主は、自身の状況やニーズに応じて、最適な売却方法を選択することが重要です。

まとめ

今回は、実家の空き家を放置するデメリットや空き家が放置されてしまう原因、空き家を処分する方法と空き家を買い取ってもらうメリット・デメリットをご紹介しました。
実家の空き家は様々な理由から放置されてしまいがちですが、放置することにはデメリットが多く、自分自身にとっても、周辺の住民にとっても望ましいことではありません。
そのため、適切な処分方法を事前に知っておき、処分の必要性が出た時点ですぐに対処することが重要です。
今回の内容を参考に、適切な空き家の処分を行いましょう。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

確実に税金トラブルを避けるためにも

不動産売却コラム

家を売却する際の状況は、人によって様々です。
ローン返済済みの長く住んだ家を手放す場合もあれば、ローンをまだ完済していない状態で家を手放す場合もあります。

「ローンを完済していないが家を売却したい」
このような場合、どのような必要で家を売却すれば良いのでしょうか。
また、そもそもローン返済中の売却は可能なのでしょうか。
今回は、住宅ローン返済中の家の売却について解説します。

住宅ローンの返済中でも家を売却できる?

住宅ローンが残っている状態で家を売却するという行為は、一見すると不可能に思えるかもしれません。

しかし、実際には特定の条件を整えることで、このような売却も十分に可能となります。
具体的には、住宅ローンを完済し、さらに不動産に設定されている抵当権の登記を抹消するといった条件を整える必要があります。

抵当権とは、金融機関が住宅ローンを貸し付ける際に、返済が行われなかった場合に備えて不動産を担保にする権利です。
この抵当権が存在する限り、家の売却は困難となるため、売却と同時にこの抵当権を抹消する手続きが必要となるのです。

また、売却を考える前には、ローンの残債がいくらなのか、そしてその残債を売却益や自己資金で完済できるのかをしっかりと確認する必要があります。
この確認が不十分だと、後で大きなトラブルに繋がる可能性が高まります。

特に、売却益と自己資金を合算した額がローン残債を上回るかどうかを計算することは、その後の資金繰りに大きく影響を与えます。
この計算が甘いと、売却後に資金繰りに苦しむ可能性が高くなってしまうため注意が必要です。

住宅ローン返済中の家を売却する際に確認すべきポイント

1.ローン残債の確認
ローン残債は、金融機関から送られてくる返済予定表や、直接金融機関に問い合わせることで確認が可能です。
この確認を怠ると、後で大きな問題に発展する可能性があります。

2.家の価値の見積もり
家の価値は、不動産会社に査定を依頼することで、現在の市場価格に基づいた評価が得られます。
この査定が低いと、売却益も少なくなり、ローン返済に差し支える可能性があります。

3.ローン残債と売却価格のバランスを確認する
ローン残債と売却価格を照らし合わせ、その差額がどれほどかを確認することが重要です。
この差額が小さいと、売却後の生活資金にも影響が出る可能性があります。

4.諸経費も考慮に入れる
仲介手数料を始めとした諸経費も考慮に入れ、最終的な売却価格とローン残債とのバランスをしっかりと計算しましょう。
手数料のように諸経費を考慮に入れないと売却後の資金繰りに影響が出てしまう可能性があるため、注意が必要です。

5.査定額の信頼性
査定額はあくまで目安です。
実際の売却価格は、市場状況や買い手のニーズによって変動する可能性があるため、査定額だけを頼りに売却を検討するのは危険だと言えます。

6.売却後の生活設計
売却後の生活設計も考慮に入れる必要があります。
新たな住まいを購入する場合、その資金計画もしっかりと立てておくことが重要です。

アンダーローンの家を売却する方法

売却金額でローン完済の可能性とそのメリット

アンダーローン状態とは、負債額が不動産価値よりも低い状態を指します。
この状態であれば、基本的に売却金額で住宅ローンを完済できるため、売却がスムーズに進行します。
こうしたメリットは、新居購入資金として売却金額を活用する「売り先行」戦略において顕著です。
売却金額がローン残高を上回るため、新居購入後の資金繰りにも余裕が生まれるでしょう。

・月々の返済負担の軽減
アンダーローンの状態では、住宅ローンが残っていることに変わりありません。

しかし、売却金額でローンを完済できるため、月々の返済負担が大幅に軽減されます。
これは、新居購入後の生活設計にも好影響を与えるでしょう。

・賃貸への転居を考慮する場合
もし新居への転居が賃貸である場合、月々の支払いを増やさずに済むため、先に家を売ってから引っ越しをすることが理想的です。
これにより、賃貸料と住宅ローンの二重負担を避けられます。

売却に伴う費用の計算とその重要性

売却手続きにおいては、仲介手数料や司法書士への報酬が必要になります。
これらの費用を計算し、用意しておくことで、売却プロセスを円滑に進められます。
特に、これらの費用が予想以上にかかると、売却後の資金繰りに影響を与える可能性があります。
そのため、事前にしっかりと計算を行い、必要な費用を確保しておくことが重要です。

・費用の詳細とその計算方法
仲介手数料や司法書士への報酬は、売却価格や地域によって異なる場合があります。
そのため、具体的な費用を事前に調査し、計算しておくことが望ましいです。

・予備費用の確保
売却にかかる費用以外にも、予期せぬ出費が発生する可能性があります。
例えば、修繕費や清掃費などです。これらも考慮に入れ、予備費用を確保しておくことが賢明です。

住み替えの選択肢とその戦略

新居への住み替えがある場合、売却先行か購入先行かを選ぶ必要があります。
売却先行は、売却金額を新居購入資金に充てやすいですが、購入先行では二重ローンのリスクがあります。
特に購入先行を選ぶ場合、つなぎ融資を活用することで、二重ローンのリスクを軽減できます。
つなぎ融資は不動産会社が提供するサービスで、一時的な資金不足を解消する手段となります。

ただ、購入先行を選択した場合、新居の購入と現在の住宅ローンが重なる期間が発生します。
このような状況を「二重ローン」と呼びますが、二重ローンでは多くのリスクが懸念され、大きな損失を生んでしまう可能性もあります。

しかし、つなぎ融資を活用すれば、こうしたリスクは軽減できます。

つなぎ融資は特定の不動産会社が提供するサービスです。
そのため、つなぎ融資を希望する場合は、そのサービスを提供している不動産会社を選ぶ必要があります。

オーバーローンの家を売却する詳細な方法とその選択肢

自己資金と売却代金で完済する

オーバーローンの場合、売却代金と自己資金を合わせてローンを完済する方法があります。
この方法はシンプルですが、十分な貯金が必要となります。
売却価格や売却にかかる費用を事前に正確に把握し、完済が可能かどうかを確認することが不可欠です。

・売却価格の詳細な調査
売却価格は、不動産の市場価格やエリア、物件の状態などによって大きく変動します。
そのため、専門の不動産評価士や不動産会社に相談して、可能な限り正確な売却価格を把握することが重要です。

・売却にかかる費用の計算
売却には仲介手数料や修繕費、税金など多くの費用が発生します。
これらの費用を正確に計算し、自己資金と合わせてローン完済が可能かどうかを確認する必要があります。

住み替えローンを利用する

住み替えローンは、新居購入時に残債を新しい住宅ローンに合算する手法です。
この方法を選ぶ場合、新居購入後のローン返済が厳しくなる可能性があります。
そのため、住み替えローンを利用する際は、その条件をしっかりと確認し、将来の返済計画に組み込む必要があります。

・住み替えローンの主な条件
住み替えローンを利用するためには、新しい住居を購入する意志があり、売却しても住宅ローンが残る、そして延滞の履歴がない、といった主な条件があります。

・返済計画の重要性
住み替えローンを利用する場合、月々の返済額が増加する可能性があります。
そのため、将来の返済計画をしっかりと立て、その上で住み替えローンを選択することが重要です。

任意売却を行う

任意売却は、金融機関との交渉により、特例で住宅ローンを完済せずに売却する方法です。
この選択肢は、特に厳しい金融状況にある場合に有用です。

ただし、金融機関の承諾が必要であり、一定の条件を満たす必要があります。
具体的には、住宅ローンの滞納状況や債権回収会社との関係などが考慮されます。

・任意売却の主な条件
任意売却を行うためには、住宅ローンを6ヶ月以上滞納している、または債権回収会社や保証会社によって一括返済されて代位弁済されているなど、特定の条件を満たす必要があります。

・信用情報への影響
任意売却は金融事故として信用情報に記載される可能性があります。
そのため、この選択をする際は、その後の金融取引にどのような影響が出るかを慎重に考慮する必要があります。

無担保ローンでの完済する

無担保ローンで残債を一括返済する方法もあります。
この方法は、他の方法が適用できない場合の最後の手段となります。
無担保ローンは担保が不要であるため、手続きは比較的簡単です。

しかし、利息が高い場合が多く、その後の返済が厳しくなる可能性があります。
無担保ローンは、通常の住宅ローンとは異なり、担保が不要です。
そのため、手続きが簡単で、急な資金調達にも対応可能です。

・高利息のリスク
無担保ローンの利息は通常の住宅ローンよりも高く設定されている場合が多いです。
そのため、この方法でローンを完済した場合、その後の返済が厳しくなる可能性が高いです。

まとめ

今回は、住宅ローン返済中の家の売却について、確認すべきポイントや、アンダーローン・オーバーローンの際の対応について解説しました。
住宅ローン返済中であっても、家の売却は可能です。

ただし、アンダーローンか、オーバーローンかによって必要な対応は異なるため、まずはご自身の状況を正しく把握し、計画的に売却を進めていくようにしましょう。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。

空き家を解体すると固定資産税が上がる?その理由について解説

不動産売却コラム

「空き家を解体したいが、解体すると出費が増えるのだろうか…」
「空き家を解体すると固定資産税が上がると聞いて、解体すべきかどうか迷っている…」
活用できていない空き家をお持ちの方の中には、こうした悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。
実際、空き家を解体すると固定資産税額が上がり、負担が増える可能性があります。

今回は、そんな空き家の解体と固定資産税の関係について解説します。
空き家の解体をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも固定資産税とは?

固定資産税は、毎年1月1日時点で住宅やマンション、土地などの固定資産を所有している方が納付する税金として知られています。
この税金は、地方税の一部であり、納付先は所有者が住んでいる自治体となります。
固定資産税の主な対象は、土地や家屋であり、土地には住宅用地や田、畑、山林などが、家屋には戸建て住宅や分譲マンションなどが含まれます。

固定資産税の納付は、原則として年4回に分けて行われます。
自宅に納税通知書が届いたら、その中の金額と納期を確認し、指定された方法で納付することが求められます。
納税の方法は自治体によって異なるため、詳しい情報は各自治体の公式サイトで確認すると良いでしょう。

なお、「固定資産税課税台帳」に名前が登録されている方は、固定資産の所有者として認識され、固定資産税の納付義務が生じるため、その土地や家屋に実際に住んでいない場合でも、所有しているだけで納付の義務が発生します。
そのため、空き家を所有している場合は、その土地や建物を活用しているかどうかに関わらず、固定資産税が発生するのです。

また、地価が高いエリアに位置する土地や家屋は、固定資産税の金額も高くなる傾向にあります。
特に、マンションの場合、新築時期や建物の構造、例えば鉄筋コンクリート造などが評価額に影響を与え、それに伴い固定資産税の金額も変動します。

建物の有無と固定資産税の関係

固定資産税の算出方法

固定資産税の額の算出方法は、土地と家屋で異なります。
土地の場合、課税標準額と標準税率1.4%を掛け合わせることで算出されます。

一方、家屋の場合は、課税台帳に登録されている価格と税率1.4%を掛け合わせることで算出されます。
ただし、この標準税率は自治体によって異なる場合があります。

また、土地の課税標準額は通常、課税台帳に登録されている価格と同じですが、税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は評価額よりも低くなることがあります。

固定資産税の評価替えとは

土地や家屋の評価に関しては、3年に一度評価替えが実施されます。
固定資産税はこの評価に基づいて決定されるため、評価替えの年は特に注意が必要です。

例えば、2021年度は評価替えの年として知られており、基準は2020年1月1日の公示地価となっています。

しかし、2020年1月は新型コロナウイルス感染症の拡大前であり、その後の地価の変動を反映していないため、実勢価格が下がっているにも関わらず、評価額の上昇により固定資産税評価が上がったケースがあります。
このように、固定資産税について考える際には評価替えの影響も考慮する必要があります。

固定資産税の軽減措置

固定資産税や都市計画税には、税額を軽減するための措置が存在します。
特に、建物が建っている住宅用地の場合、「住宅用地の軽減措置特例」が適用されることで、税額が大幅に軽減されることがあります。
軽減措置は、居住者がいない空き家にも適用されるため、空き家の所有者もこの特例を利用できます。
つまり、空き家であっても、住宅が残っていれば、固定資産税や都市計画税が大きく減額されることになるのです。

具体的には、敷地面積200平方メートルまでの場合、固定資産税は1/6に減額され、都市計画税は1/3に減額されます。
また、敷地面積が200平方メートルを超える部分に対しては、固定資産税は1/3に減額され、都市計画税は2/3に減額されます。

空き家を解体すると固定資産税が増える

前述した「住宅用地の軽減措置特例」は、土地に建物が存在する場合に適用される税制上の特例です。

しかし、建物を解体するとこの特例は適用されなくなり、結果として固定資産税が増加する可能性があります。

固定資産税の基準日は1月1日になります。
顕著な例で示すと、12月31日に解体された場合と、翌1月1日に解体された場合(1月1日時点では建物は存在したことになる)では、その1日の違いで特例措置においては1年分の差が生まれることになります。
そのため、建物を解体する場合、いつ解体するかといったことも重要になります。

固定資産税が6倍になるケースは少ない

よく、「空き家を解体して更地にすると固定資産税が6倍になる」と言われることがありますが、実際には6倍にも増加するケースは少ないと言えます。
実際のところは、1倍から3倍程度の増加が一般的です。

解体後の固定資産税が6倍に増加しない理由は、家屋部分の固定資産税がなくなること、および自治体の「負担軽減措置」が適用されるためです。

家屋がなくなることで住宅用地の特例が外れて土地の固定資産税が上がったとしても、家屋がなくなっている分、家屋部分の固定資産税はなくなります。
そのため、単純に「住宅用地の特例が外れて固定資産税が6倍になる」という状況にはならないのです。

「負担軽減措置」とは、土地の評価額の変動に伴う税金の急激な増加を防ぐための制度で、特に解体後の固定資産税の増加を緩和する効果があります。

空き家解体後の固定資産税を減免する市町村も

日本全国で空き家問題が深刻化している原因の1つに、家を解体すると固定資産税が増加することがあると言われています。
このため、多くの空き家の持ち主は、解体費用や固定資産税の増額を懸念して、解体を踏み切れない状況が続いています。
そこで、一部の自治体では、空き家の解体後も固定資産税を減免する措置を導入しています。
減免措置の目的は、空き家の持ち主が解体を決断しやすくすることで、空き家問題の解消を促進することです。

減免の対象となるのは、住宅用地の特例が解除されていない空き家であり、「特定空き家」に指定されている場合は減免措置は受けられません。
また、自治体によっては、空き家バンクへの登録を条件とする場合もあります。

減免の期間は、2年から10年の間で、具体的な期間は自治体によって異なります。
また、減免される金額は、「本来の税額(住宅用地の特例がない場合の固定資産税)から、住宅用地の特例があるとみなして算出した税額」を差し引いた額となります。
減免措置があることで、空き家の持ち主は、解体後も固定資産税の増額を気にせず、安心して解体を進められるようになります。

まとめ

今回は、空き家解体と固定資産税の関係について解説しました。
空き家を解体すると固定資産税額が上がりますが、よく言われる「6倍になる」ということは必ずしも起こりません。

ただし、税金に関することはケースバイケースで、それぞれの空き家の規模や状況にもよるため、自分の場合ではどうかといったことをきちんと確認することが非常に重要です。
また、不動産や税金に関することは素人には難しい部分も多いため、判断が難しい点があれば、早めに不動産会社や専門家に意見を求めるようにしましょう。

あなたの不動産の価値が気になったら【不動産売却王】で簡易査定してみませんか?
物件の情報を入力していただくと、現在の査定額が画面上ですぐにご確認いただけます。
ご利用は無料、査定後もご希望のない限りメールやお電話などの一切の営業活動はございません。