不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

中古住宅の売却で税金が必要?解説します

不動産売却コラム

中古住宅を売却したいとお考えの方で、税金について知りたいという方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却する際には税金が必要です。
ここでは中古住宅を売却する際に必要な税金と、売却するときの注意点をご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

中古住宅売却で必要な税金とは

中古住宅を売却する際にかかる税金を必ず必要なものと、場合によるものに分けてご紹介します。

必ず必要な税金とは

1つ目は印紙税です。
これは中古住宅を売却する際の契約書に添付する印紙に、必要なお金です。
印紙税は印紙を購入する際に必要です。
印紙税は売却価格によって価格は様々で、例えば、売却価格が1000万円より大きく5000万円以下の場合は、10000円が印紙税として必要です。

2つ目は消費税です。
これは最も身近な税金なので想像がしやすいのではないでしょうか。
不動産会社に仲介してもらう際、仲介手数料が必要ですが、このような手数料には消費税がかかります。

場合によって必要な税金とは

1つ目は登録免許税です。
これは住宅ローンが残っている場合に必要な税金です。
中古住宅を売却するためには、まず抵当権を外す必要があります。
この抵当権を抹消する際の手続きにかかる税金と言ってよいでしょう。

2つ目は譲渡所得に必要は所得税や、住民税、復興特別所得税です。
これらは売却した際に利益が出る場合に必要な税金と言えるでしょう。
その住宅を購入した額より、売却額が大きければ、この費用が必要です。
しかし、譲渡所得が得られても控除特例を利用してほとんどの方は、これらの税金を払う必要は無くなるでしょう。

中古住宅を売却する際の注意点とは

1つ目は確定申告をすることです。
不動産を売却した際には確定申告を忘れないように行いましょう。
譲渡所得がある無いに関わらず、確定申告は必要です。
確定申告をしないと、特例が適用できません。

2つ目は特例を適用した場合は、不動産会社に相談しましょう。
売却時には様々な特例を利用できますが、それぞれには厳しい条件があります。
条件に当てはまり、特例を受けられるかは専門家に確認することをおすすめします。

まとめ

今回は、中古住宅を売却する際に必要な税金と、注意することをご紹介しました。
売却をする際にも資金が得られるだけではなく、支払う必要がある場面があることを知っていただけたのではないでしょうか。
当サイトでは、中古住宅の査定をネット上で行えます。
興味がある方は是非利用してみてください。

土地の売却で買主に分割払いを頼まれたらどうすればいいか解説します

不動産売却コラム

土地の売却を考えている方で初めて土地を売却するという方は多いのではないでしょうか。
土地の売買では大きなお金が動くので、不安なことも多いでしょう。
売買の際、買主に分割払いを求められることもあり得ます。
このような要求を認めて良いのでしょうか。
ここでは土地の分割払いを求められたらどうすべきか紹介します。

土地を売却する際に分割払いを求められたら?

高額な商品やサービスを購入する際に、利用することが多いのが分割払いです。
では土地の売買でも分割払いはできるのでしょうか。
土地の購入になれてない方であれば、このようなルールを知らない可能性があるため、売り手も知識を身に着けておく必要があります。

このように分割払いを許すかどうかは、当事者が決めます。
つまり、実は土地の売買でも、分割払いは利用できます。
しかし、親族間での売買でない限り、分割払いを了承する人は少ないでしょう。

なぜなら分割払いを利用するということは、何かの事情で資金が用意できていないことになります。
今後も問題なく支払いがなされるかどうかの保証はありません。
買い手に分割払いを要求された場合は、了承するのかどうか判断しましょう。

分割払いを断っても何の問題もありません。
遠慮しないように自分が納得できる方法で売買しましょう。

分割払いを利用する際の注意点とは

では実際に分割払いを了承した場合、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。
ここでは分割払いで土地の売買をする際の注意点をご紹介します。

1つ目は抵当権を抹消する必要があることです。
売りたい土地をローンを利用して購入した場合は、抵当権が抹消されている必要があります。
特にローンを完済していない場合は抵当権が残されたままなので、抹消しましょう。

2つ目は利息を付けることです。
分割払いにする際に、利息を付けるかどうかを判断します。
何も考えずに無利息にすると、税務署から利息分を贈与したと判断される可能性があります。
このように判断されないように、利息は付けることをおすすめします。

3つ目は担保を求めることです。
分割払いでは、支払いが止まってしまうリスクがはらんでいます。
そのため、親族の間柄であったとしても担保を求めましょう。

まとめ

今回は土地の売却で分割払いを求められた際にどうするかとその際の注意点をご紹介しました。
土地の分割払いは信頼関係のもとで行われますが、もしもの時のために担保は付けておきましょう。
土地売却の参考にしていただければ幸いです。

未入居の中古住宅を売却する際のポイントとは?

不動産売却コラム

中古住宅の売却をお考えの方で、売却したい住宅が未入居住宅であるという方はいらっしゃいませんか。
未入居住宅や新築住宅、築浅住宅などは何が違うのでしょうか。
今回は誰も住居用として利用していない住宅を売却する際のポイントをご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

新築住宅の定義とは

未入居と新築は何が違うのでしょうか。
ここでは新築の定義をご紹介します。
新築の定義とは新たに建築された住宅で、住居用として利用されていないものとしています。
また、だれも住んでいない場合でも、建築から1年以上が経過すると、新築住宅ではなくなります。

ここでいう1年とは、検査済み証に記載されている日付の1年後です。
新築かそうでないかは売却する上で重要なので、確認しておきましょう。
この定義からも分かるように、築年数が1年以内であっても、だれかが入居すれば中古住宅として扱われるようになります。
築浅物件とは、住居用として利用されたことがあるために新築とは記載できない際に利用する表現と思っておいて良いです。

また、未入居物件と新築物件も少し意味合いが異なります。
未入居物件は、建築から1年以上が経過しているが、住居用としては利用されていない住宅に付けられる名前です。
自分が売却したい住宅がどれに当てはまるのか、確認しておきましょう。
どの状態の物件なのかによって、相場など価格が変化します。

住宅をすぐに売る際に気を付けるポイントとは

住宅の呼び方やその意味を理解していただけたのではないでしょうか。
ここからは未入居住宅を売却する際に気を付けることをご紹介します。

1つ目は売ると決めたらすぐに売却することです。
未入居住宅であっても、築年数が長くなると、売れにくくなる傾向にあります。
そのため、築年数が加算されないうちに売却活動を始めることをおすすめします。
特に、建築から1年が経過しているか否かは、とても重要です。

2つ目は価格をやや高めに設定することです。
新築の住宅が良いという方の多くは、未入居がいいからという理由をお持ちの方が多いです。
そのため、相場より高めに設定してみても良いでしょう。
もし、買い手が現れなければ、徐々に価格を落とせばよいです。

まとめ

今回は未入居の住宅を売却したい方に向けて、ポイントをご紹介しました。
売却をお考えの方はできるだけ早めに取り掛かることをおすすめします。
当サイトは売却したい住宅をネット上で査定できます。
売却したいとお考えの方は是非お気軽にご利用ください。

ローンが残っている中古住宅を売却できるの?解説します

不動産売却コラム

中古住宅を売却したいけど、ローンが残っているという方はいらっしゃいませんか。
ローンが残っていたら売却できないのではないか、と思われている方も多いことでしょう。
ここでは住宅ローンが残っている場合に、中古住宅を売却できるかについてご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

住宅ローンが残っている場合に売却できる?

住宅ローンが残っていると売却はできないと思われている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実は住宅ローンが残っている状態でも条件が揃えば、売却できます。

その条件とは抵当権を抹消することです。
抵当権とはその住宅が自分のものであることを表す権利です。
この権利を消すためにはローンの完済が必要です。
これでは売却できないのではないかと思われるでしょう。

しかし、まだ売却できる可能性は残されています。
中古住宅の売却をお考えの方は、売却する住宅の査定を行いましょう。
査定金額がローンの残高より大きい場合、ローンが残っている場合でも赤字にならず売却できます。

しかしもし、査定金額がローンの残高より少ない場合は、売却で得られる資金では住宅ローンの完済ができません。
その場合は、自分の手持ちの資金でローンを完済しましょう。

査定金額は年々下がります。
築33年以上が経過すると価値はゼロに近くなるので、売却して利益を得てローンの返済に充てたい場合は、早めに売却する必要があります。

売却から住み替えまでの流れとは?

では中古住宅を売却してから住み替えまではどのような流れで進むのでしょうか。
ここではローンが残っている場合の住み替えまでの流れをご紹介します。

ステップ1はローンの残高の確認です。
あといくら返済する必要があるのか確認しておきましょう。
この価格によって売却できる可能性があるのか、ないのかが決まります。

ステップ2は売却会社と契約を結びます。
査定結果やローンの残高から売却可能と判断された場合は売却活動を進めます。

ステップ3は住み替え先探しです。
引っ越し先の住居を決めましょう。

ステップ4は売却活動です。
ここで重要になるのが、売却先行型なのか、購入先行型なのかです。
どちらのパターンにするかでスケジュールが異なるので、決めましょう。

まとめ

今回はローンが残っている場合にも中古住宅の売却は可能であることをご紹介しました。
売却したいとお考えの方は、ローンの残高を確認して売却したい住宅を査定してもらいましょう。
当サイトではインターネット上で査定結果が分かります。
気軽に査定してみてくださいね。

土地の売却をお考えの方へ!仲介手数料についてご紹介します!

不動産売却コラム

土地の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地の売却で必要な費用の中に仲介手数料があることをご存じでしょうか。
この仲介手数料とは何なのでしょう。
今回は仲介手数料とは何かについて詳しくご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

土地の売却で必要な仲介手数料とは

仲介手数料という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
土地などの不動産を売却しようと思っている場合、自分で売買するのではなく仲介会社を介して売買をしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。
仲介手数料とは、土地などの不動産を売却する際に仲介してくれた会社に対して売り手が支払うお金のことを指します。

仲介を依頼された仲介会社は売却活動を行ってくれます。
例えば、チラシを出したり情報サイトに売り出しの情報を載せたりすることが挙げられます。
売却活動を自分でするのはとても大変です。
しかし、これらの売却活動はプロである仲介会社ならではの方法で行うため、集客もしやすいと言えるでしょう。

仲介手数料は成功報酬として支払われる

しかし、「仲介会社を介せば仲介手数料がかかるため、もし売れなかった場合、仲介手数料が無駄になるのでは」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、その心配は必要ありません。
仲介手数料は成功報酬で、売買契約が結ばれて初めて、仲介手数料が発生するからです。
そのため仲介手数料を無駄に支払うということはないことが特徴です。

手数料に含まれるのは基本料のみ

もう1つ仲介手数料の特徴として、仲介手数料で提示される金額は基本料であることです。
基本料とは売却活動のために必要な最低限のことを代理で行う費用です。
そのため、売却のために土地を綺麗にするなどを依頼する場合は、別途お金が発生します。

仲介手数料はいくらくらいかかるの?

先ほどは仲介手数料の概要を紹介しました。
では実際にいくらくらい仲介手数料がかかるのでしょうか。
ここではその金額を紹介します。

仲介手数料は売買する土地や不動産の価格で決まります。
例えば200万円以下の土地であれば、その額の5パーセント、400万円以上であれば3パーセントなどと決まっています。

しかしすべての仲介会社で同じ料金なわけではありません。
先ほど紹介した具体的な数字は、仲介手数料として請求できる上限の価格であって、それ以下であれば仲介手数料としていくらを設定するかはそれぞれの会社によって異なります。

まとめ

今回は土地売却で必要な仲介手数料についてご紹介しました。
仲介会社に依頼したいとお考えの方は是非今回の記事を参考にしてくださいね。

分譲マンションの売却をお考えの方へ!流れを解説します

不動産売却コラム

分譲マンションの売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
分譲マンションを売却する機会は何度もあることではないので、初めての方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回はマンション売却の流れをご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

マンション売却の流れとは?どれくらいかかるの?

マンションを売却しようとして、売却できるまでは一般的には4か月程度と言われています。
しかしあくまでこれは目安の期間なので、条件によっては期間が多少異なるでしょう。

この4か月の間は大きく3つの段階に分けられます。
それは売り出し前、売り出し中、売り出し後です。
ここからはこれら3つの期間についてご紹介します。

1つ目は売り出し前です。
この期間にはマンションの査定と媒介契約を結びます。
売り出し前の期間は2週間程度です。
この間に、マンションがいくらで売れるのかと売却活動を依頼する会社を選びましょう。

2つ目は売り出し中です。
この期間には、いよいよマンションの売り出しを開始し、売買契約の交渉を行います。
ここでの売り出し期間は条件によって異なりますが3か月程度であると思っておけば良いでしょう。
この間には内見などもあるので、買い手が内見に来るまでにマンションを綺麗な状態にしておくことをおすすめします。

3つ目は売り出し後です。
この期間には実際に売買契約を結び、マンションを引き渡します。
この期間は約1か月です。
売買契約を結ぶ際には、様々な書類が必要なのであらかじめ確認しておきましょう。

マンションを売却する際の注意点とは

マンションを売却する際に気を付けた方が良いことがあります。
ここではマンションを売却する際の注意点をご紹介します。

1つ目はローン残高を確認することです。
マンションのローンが残っている方は、特に注意が必要です。
マンションを査定する際にはローンの残高を確認して、売却できる状態かを確認しましょう。

2つ目は売り出し価格の設定は慎重にすることです。
売り出し価格の設定は非常に重要です。
まずは周辺地域のマンションの相場を確認して金額を決めましょう。
価格設定は、もちろん高すぎるのも良くないですが、安くしすぎないように特に気を付けましょう。

まとめ

今回は分譲マンションの売却の流れをご紹介しました。
売却活動をスムーズに進めるためにも、売却の流れを確認しておきましょう。

中古住宅の売却を検討中の方へ!売却のメリットを解説します

不動産売却コラム

中古住宅を売却したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅の売却は大きなお金が動くので、なかなか判断できないという方も多いのではないでしょうか。
今回は中古住宅を売却するメリットをご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

中古住宅を売却するメリットとは

中古住宅をそのまま所持しておくか、売却するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここでは中古住宅を売却するメリットをご紹介します。

1つ目は現金化できることです。
これは中古住宅を売却する最も大きなメリットと言えるでしょう。
売却で得たお金を他の場面で簡単に使えるので、現金化する方が良い場合もあります。

特に、相続問題では現金化されていることは大きなメリットです。
なぜなら、中古住宅を数人で相続する場合、均等に相続分を分けられないからです。
しかし、現金であれば簡単に均等に分けられます。

2つ目は維持費がかからないことです。
特に誰も住んでいない中古住宅をお持ちの方の中には、維持費がかかって大変という方もいらっしゃるでしょう。
中古住宅は定期的なメンテナンスをしないと、価値がどんどん下がります。

また、周囲に雑草が生えて周辺住民に迷惑をかける可能性もあるでしょう。
そのため、定期的なメンテナンスが不可欠です。
この点でメンテナンスをしなくて良いことは大きなメリットではないでしょうか。

3つ目は税が軽減されることです。
中古住宅など不動産を所持していると、その分余分に税金が必要です。
しかし、売却して現金化すればそのようなお金もかからないので出費を減らせると言えるでしょう。

中古住宅を売却する際のリスクとは

ここまで中古住宅を売却するメリットをご紹介しました。
しかし、実際に売却するとなると問題点が出てくる可能性があります。
ここでは売却する際のリスクをご紹介します。

1つ目は時間がかかることです。
売却活動をはじめても、買い手が現れなければ売却できません。
買い手がなかなか現れないリスクもあることを知っておく必要があるでしょう。

2つ目は売却価格が時期によって異なることです。
実際に売却する際に重要なのはどれくらいのお金に変えられるかではないでしょうか。
実は、売却価格は時期によって異なります。
そのため少しでも高く売りたい方はタイミングを見計らって売却活動をはじめることをおすすめします。

まとめ

今回は中古住宅を売却するメリットをご紹介しました。
売却する際のメリットとリスクを知っていただけたのではないでしょうか。
今回の記事を是非参考にしていただければ幸いです。

ローンが残っていても売却できる? 分譲マンションの売却について解説します

不動産売却コラム

分譲マンションを売却したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションを購入する際にローンを利用する方も多いです。
その方の中には、ローンが残っている場合売却はできるのか疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。
今回はローンがある場合のマンション売却についてご紹介します。

分譲マンションはローンが残っていても売却できる?

実は、住宅ローンが残っている状態でも売却は可能です。
しかし、住宅ローンが残っている場合抵当権を抹消する必要があります。
抵当権とは、金融機関が不動産を担保にする権利で、ローンの支払いが滞った時などに関係してくる権利です。
マンションの売却をするためには、この抵当権の抹消が不可欠と言えるでしょう。

ローンが残っている場合にも、2つのパターンがあります。
それはアンダーローンとオーバーローンです。

アンダーローンとは

これは残っているローンを売却金額で賄える場合のことを指します。
この場合、売却したお金でローンを返済できるうえに、手取りのお金も発生します。
そのため、資金を使うことなくマンションの売却が可能です。

オーバーローンとは

これはマンションの売却金を利用しても現在のローンが返済できない状態のことを指します。
この場合、売却金額だけではローンが返済できず、何かしらの方法で現在のローンを処理する必要があります。
ではオーバーローンになるとマンションの売却はできないのでしょうか。

オーバーローンの場合にできることとは

ここからはオーバーローンでも、マンションを売却する方法をご紹介します。

1つ目は自己資金で賄う方法です。
貯金している手持ちの資金を利用してローンを返済すれば、マンションを売却できます。
手持ちの資金がある方はこの方法で問題はないでしょう。

2つ目は住み替えローンを利用する方法です。
マンションを売却した後、別のマンションを購入する予定の方も多いのではないでしょうか。
そんな方には住み替えローンがおすすめです。

これは、新しいマンションのローンにローン残高を上乗せする方法です。
しかし、ローンを借りる際にスムーズに金融機関に許可をもらえない場合もあるので、スケジュール管理を慎重にしましょう。

まとめ

今回はローンが残っている場合のマンション売却についてご紹介しました。
ローンが残っている方でもマンションの売却は可能なことがご理解いただけたのではないでしょうか。
ぜひ当サイトを利用して売却活動を始めてみてください。

マンション続々。

ニュース, マンション, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの宇和川です。

ゆめタウン東広島の横にできるマンションですが、
完成前に成約しているそうで、
先日、残り2戸になったとチラシが届きました。

環境と家計にやさしいガス給湯器「エコジョーズ」採用や、
全戸にガス衣類乾燥機「乾太くん」が標準装備されているそうです。

また、賀茂高校近くにも新しくマンションの分譲予定地があったりと、
マンションの需要が高いようです。

不動産プラザでは過去の売買事例はもちろん、
仲介をしているからこその購入希望者の声や相場観をもとに
不動産の売却査定や売り出し方などを提案させていただいております。

売却をお考えの方はまずは無料査定からお気軽にご相談ください。


http://y.f-plaza.co.jp/
082-430-5581
営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.f-plaza.co.jp/rc/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

中古住宅の売却をお考えの方へ!売却の流れを解説します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却するのは初めてという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
不動産をはじめて売却する際には、あらかじめ流れを知っておくことが重要です。
ここでは中古住宅を売却する際の流れをご紹介します。

中古住宅を売却する際の流れと期間とは

ここでは中古住宅を売却する際の流れをステップごとにご紹介します。

ステップ1は不動産会社に査定依頼を出します。
売却活動に入る前に、査定依頼を出して、いくらくらいで売れるのか査定してもらいましょう。
中古住宅を売って現金を得たい方にとっては価格設定が重要です。
価格は周辺の中古住宅の相場や住宅の状態で判断されます。

このステップには約1週間程度要するでしょう。
慎重に決めたい方はもう少し時間に余裕を持たせても良いでしょう。

ステップ2は仲介会社選びです。
中古住宅など、不動産売買では多くの方が仲介会社を介して売買を行うでしょう。
会社を選んだら、実際に媒介契約を結びます。
媒介契約にも種類があるので、どの契約を結ぶのかも併せて決めることをおすすめします。

ここでは約1週間程度を見積もっておくと良いでしょう。

ステップ3は売りだしです。
いよいよ実際に売り出しを行います。
媒介契約を結ぶ場合は、仲介会社が売却活動を行ってくれます。
内見などには顔を出した方が良い場合もあるので、スケジュール管理をしておきましょう。

また、内見の際にできるだけ印象が良くなるように、掃除をしておくことをおすすめします。
売り出しの期間は人によってさまざまですが、売り出しには1か月以上かかることがほとんどです。
なかなか売れなくても焦らず、買い手を見つけましょう。

ステップ4は契約締結と引き渡しです。
買い手が見つかったらいよいよ売買契約を結び、引き渡しましょう。
契約の際には多くの書類が必要なのであらかじめ用意しておくことをおすすめします。

中古住宅を売却する際の注意点とは

1つ目は内覧前に綺麗にしておくことです。
いくら条件が良くても内覧の際に綺麗でないと、買いたいと思われにくいでしょう。
必要な場合は簡単な修繕工事をすることをおすすめします。

2つ目はインスペクション対策をすることです。
これは、建物を調査することを指します。
住宅購入の際にはインスペクションをする方が多いです。
ここで、修繕箇所が検出されないように気を付けましょう。

まとめ

今回は中古住宅を売却する際の流れを紹介します。
中古住宅の売却をお考えの方は参考にしてみてください。